テトロ 過去を殺した男:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
テトロ 過去を殺した男
テトロ 過去を殺した男

テトロ 過去を殺した男

2012年1月7日公開,127分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

巨匠フランシスコ・フォード・コッポラ監督がブエノスアイレスを舞台に、兄弟の確執を描くヒューマンドラマ。イタリア系移民であるコッポラが自身を投影させたと言われる意欲作で、主人公のテトロをヴィンセント・ギャロが好演している。弟ベニーを演じるのは、コッポラの次回作にも出演する期待の新鋭アルデン・エーレンライク。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ベニーは生まれ育ったニューヨークを捨て、異母兄が暮らすアルゼンチンへ向かう。だが、兄は“テトロ”と名を変え、家族や過去の人生を封印して生きていた。自らの家系のルーツをたどろうとしたベニーは、兄が書いていた自伝的手記を読んでしまう。その事で兄弟の仲は決裂し、ベニーは自身の出生にまつわる事実を知ることに。

作品データ

原題
Tetro
製作年
2009年
製作国
アメリカ イタリア スペイン
配給
コムストック・グループ
上映時間
127分
製作会社
Zoetrope Argentina=Tornasol Films=BIM Distribuzione

[c]2009 by Zoetropa Argentina, BIM Distribuzione, Tornasol Films, Agrupacion de Cine 001, Castafiore Films [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?