オレンジと太陽|MOVIE WALKER PRESS
MENU

オレンジと太陽

2012年4月14日公開,106分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

英国最大のスキャンダルともいわれる“児童移民”の事実を明らかにしたイギリスのソーシャルワーカー、マーガレット・ハンフリーズの物語。監督は、ケン・ローチ監督を父に持ち、本作が長編映画デビューとなるジム・ローチ。出演は「脳内ニューヨーク」のエミリー・ワトソン、「パブリック・エネミーズ」のデイヴィッド・ウェンハム、「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」のヒューゴ・ウィーヴィング。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリス、ノッティンガム。1986年。ソーシャルワーカーのマーガレット・ハンフリーズ(エミリー・ワトソン)は、ある夜、見も知らぬ女性シャーロットから「自分が誰なのかを知りたい」と訴えられる。シャーロットはノッティンガムの児童養護施設にいた4歳の時に、数百人の子どもたちと一緒に船に乗せられ、オーストラリアに送られたという。最初はその話を信じられなかったマーガレットだが、さらに別の女性ニッキーからも興味深い話を聞く。数年前届いた“多分、僕はあなたの弟です”と伝える手紙。彼女の弟ジャック(ヒューゴ・ウィーヴィング)も、シャーロットと同じようにオーストラリアへ連れて行かれ、姉の居所をようやく探し出して手紙を送ってきたのだ。それをきっかけにマーガレットは調査を開始。すると、死んだと聞かされていたシャーロットの母がまだ生きている事実を発見。しかも、シャーロットの母は、娘はイギリスの養父母にもらわれたと信じていて、オーストラリアに送られたことなどまったく知らなかった。ジャックに会いにオーストラリアへ向かったマーガレットは、そこにジャックやシャーロットと同じ境遇の人たちが大勢いることを知る。彼らはオーストラリアに到着すると、過酷な環境で働かされたり、虐待されたり、苦しい人生を歩んでいて、自分が誰なのか、母親がまだ生きているのかを知りたがった。マーガレットは、イギリスとオーストラリアを往復し、彼らの家族を捜し出す活動を始める。オーストラリア。マーガレットのもとには、沢山の人が相談に訪れ、長蛇の列ができた。最初の相談者に付き添って来た男性レン(デイヴィッド・ウェンハム)は、「あんたに何ができる」とマーガレットに突っかかるが、実は彼も児童移民で心の底では母親を見つけたがっていた。やがて、マーガレットの活動はマスコミの注目を集めはじめ、イギリスが子供たちを植民地に送った<児童移民>が、政府の政策によって行われていた事も明らかになる。そして彼女の調査は、しだいに政府レベルの大きな組織をも揺らし始めていった……。

作品データ

原題
Oranges and Sunshine
製作年
2010年
製作国
イギリス
配給
ムヴィオラ
上映時間
106分

[c]Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    5.0
    2012/4/4

    凄く良い。
    好きな作品です。
    実話物は好きなんだけど、特にこう言う弱者の為に戦う話、世間が知らないことを知らしめるために戦う話。
    無知は罪だと思うから、こう言う知らなかったことを知ることが出来る話に出会うのは、凄くうれしい。

    「児童移民」って、そもそも何なんだろう・・
    移民先は、オーストラリアだけじゃなく、カナダや旧ローデシア等が有ったんですって。
    そして、その理由もひとつじゃなくて、安い労働力、戦後の人口を押し上げる手段とか、何より大英帝国の民族的統一の維持・・と言う理由が有ったらしいの。何それ?
    しかも、日本も無関係ではなく、日本のシンガポール占領とダーウィン爆撃がオーストラリアに「広大な大陸を守るだけの方策も人口も無いと言う恐怖感を募らせた」故に白人の入植を歓迎した・・らしい。
    何なの?それ。
    貧しい家庭の子や親から無理やり引き離された幼い子たちが、子供たちだけ船に乗せられ、遠いオーストラリアへ連れて行かれる。
    そして強制労働。
    まともに学校にも行けず、衣服も靴も1組のみ。粗末な食事で、それらは子供たちの借金とみなされ、大人になったら返さなくてはいけない。虐待、暴力、レイプそれを咎める人が誰も居ない環境で、幼い子供たちは大人になった。
    母親を探したいと思っても、不思議は無いわよね。かすかに記憶が有るんだもの。

    だけど、月日は流れているので、すでに亡くなっている人も居る。
    孤児院に取り戻しに行っても、養子に行ったといわれ諦めた人も居た。
    非を認めない政府や慈善団体、教会の敵とみなして攻撃してくる人々を相手に、マーガレットは諦めない。
    彼女が感情移入しすぎて弱っていく姿や、子供たちの犠牲を目の当たりにして悩む姿が、本当に辛いんだ。
    何か手伝えないの?そう思う。
    でも、旦那様のマーヴが凄く良い。
    家事もするし、彼女の戦いのサポートもする。心強い。
    そして、彼女を頼り、救われたレンやジャックの献身的な協力も嬉しい。
    自分たちだけじゃない、沢山の同じ思いをした人たちの為に一緒に戦っている。

    彼女はたった一人で戦って、マスコミに取り上げられ、政府に非を認めさせたの。
    2009年にオーストラリアが2010年にイギリスが謝罪したんですって。

    作中でマーガレットがレイにあなたたちの心の穴を埋める事は出来ない・・と言うの。
    本当に、そうよ。取り戻してはあげられない。
    でも、過去の罪を認めて謝罪して、そして初めてその出来事は過去の事になるわよね。
    認めない内は今も続く悪夢でしかない。

    何か、某国の拉致問題にも通ずる気がして、本当に人事とは思えない史実です。

    マーガレット役のエミリー・ワトソンも凄くいいけど、朴訥なジャック役のヒューゴ・ウィーヴィングも、横柄で成功した美中年レイ演じるデヴィッド・ウェンハム も凄く良い。

    それに子供たちもね。
    ヒューゴとデイジーが一緒にバーベキューしている姿なんて、『ロード・オブ・ザ・リング』では考えられないけど、この3人、きっとショーン・ビーンの話をしたよね♪

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告