ラム・ダイアリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラム・ダイアリー

2012年6月30日公開,120分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

型破りな生き方でジャーナリズム界のロックスターと呼ばれた、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を映画化。『ラスベガスをやっつけろ』でハンター役を演じるなど彼を敬愛してやまないジョニー・デップが自ら製作・主演に乗り出し、若い頃のデップ自身を彷彿させる破天荒なキャラクターを、生き生きと好演している。

予告編・関連動画

ラム・ダイアリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1960年代。プエルトリコに派遣された酒びたりのジャーナリスト、ポール・ケンプは、起業家のサンダーソンに雇われ、リゾート開発のための提灯記事を書くことに。ラム酒と麻薬と賭け事にどっぷり浸かったケンプはやがて、サンダーソンの恋人を巡る三角関係、地元民との暴力沙汰など、様々なトラブルに振り回されていく。

作品データ

原題
The Rum Diary
映倫区分
R15+
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
ショウゲート(協力 ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション)
上映時間
120分

[c]2010 GK Films, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2012/7/30

    こんなに活き活きとして生々しい人間臭い等身大の素敵なジョニー・デップさんは初めてです。“酒とタバコ塗れのイイ加減なロクデナシだけど熱の有る人間”を演じることができるという意味で惚れ直しました。
    原作は初代ゴンゾとも言われる故ハンター・S・トンプソンさんの自叙伝というか日記小説です。
    ジョニーさんはハンターさんと大親友で小説化を促し、そして20年後の今、約束の映画化を自らの手で果たしたということです。
    ジョニーさんは賛辞と尊敬と愛情を持ってハンターさんの魂と同化しているかの如く楽しそうに演じています。
    ストーリーや演技や映像に拘らず、沢山の退廃と挫折と欺瞞と葛藤vs一握りの情熱とロマンスと希望のせめぎ合いを嗅ぎ取って欲しい極上の逸品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2012/7/16

    米国では実在人物で異端的な人柄と文章で、人々を魅了しているそうだ。
    …J.デップだけれど、肩すかしだった。というのも、小説家兼ジャーナリスト。大物のしっぽをつかまえて、スクープするといった内容かと思いきや、大物のしっぽに偶然触れた程度。結局自分の乱れた人生の後処理がメインとなって、なぜ彼が、人に影響を与えているのか不明。
    ビールが水変わり、ラム三昧。喫煙三昧。人によってはこれぞパラダイス☆クラシックカーが通りを走り、海はきれいで、暖かい。まぁ、人生の転落にはもってこいだ。
    おかしな奴らだけれど、仲間に恵まれた。学生のシェアルームのようなめちゃめちゃな生活。悪ふざけする学生の延長線だ。
    シュノーは一言でいえば、わがまま娘である。気分屋で美人ですが、長所は何でしょう。つけ睫毛ばさばさですねぇ。ケンプとシュノーの最終的な結末に何が一番の決定づけか知りたい。
    とにかく、もっとサンダーソンのスキャンダルを追ってくれれば、storyの軸はしっかりしたものだったが、実際はできなかったのでしょう。
    酔っぱらって、ふらふらなコンディションでは到底無理ってもんです。10%くらいこんなeasygoingな生き方、日本人には必要だけれどね。豪華な生活は上っ面の上層部だけの話だが…
    ちなみにこちらの作品、シネコンでスクリーンお1人鑑賞。これを味わったら、混雑な劇場では見られないかも…

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2012/7/1

    一番好きなシーンは、シュノーとの出会いのシーン。
    本当に人魚みたいに綺麗だった。

    自叙伝って事なので、物事はそんなに都合よく運ばないわね。
    だから消化不良になる人も居るわね、きっと。

    人物的にもあまり魅力的じゃないしねぇ。自堕落で。

    でもこういう時代があって、その後の彼になったんだろうねぇ。
    サンダーソン曰くのチャンスは逃して正解だったんじゃないかと思うわ。

    ああやって、住んでいた人たちを蔑ろにする開発最低だと思うけど。
    観光客はありがたがっていくのよね・・

    「彼らは、物の値段は知っているけど、物の価値は知らない」・・まったくだわ!
    ああいう引用がすぐ出来るところが、ジャーナリストの格好いいところよね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告