西部の乙女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

西部の乙女

1921年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「女市長」等と同じくアイリーン・パーシー主演のフォックス映画で、W・E・スペンサーの原作、ジョン・モンタギューの脚色で、俳優として名声のあるフィロ・マッカローが監督をしている。パーシーの対手には古いフォックス映画に数多く出演したウィリアム・スコットが出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西部テキサスに育った女ベティは父の遺言でニューヨークなる叔母セヂウィック夫人のもとへ来て暮らさねばならなくなったが、彼女の恋人なる飛行家のバート・クラグネアーは彼女の傍らにいたいため飛行機に乗ってニューヨークへ来て、セヂウィック夫人の家に自動車運転手として住み込んだが、この家へ首飾りを盗むつもりで悪人共が下男下女に変装して入り込んできた。首飾り紛失の際その疑いはバートにかかったが、ベティの機知で真の悪人は捕えられる。やがてバートの飛行機に乗って、西部の乙女ベティはテキサス指して帰って行った。

作品データ

原題
Maid of the West
製作年
1921年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?