カノジョは嘘を愛しすぎてる|MOVIE WALKER PRESS
MENU

カノジョは嘘を愛しすぎてる

2013年12月14日公開,117分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

青木琴美の同名コミックを佐藤健主演で映画化したラブストーリー。元バンドマンのサウンドクリエーターと、バンド好きの女子高生とのせつない愛の行方をつづる。ヒロインの理子を演じるのは、約5000人の中から選ばれた新鋭、大原櫻子。監督は『タイヨウのうた』でデビュー直後のYUIをブレイクさせた小泉徳宏。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

天才サウンドクリエーターで人気バンド“CRUDE PLAY”の元メンバーの秋はビジネスとしての音楽の世界に嫌気が差していた。自分の正体を隠したまま、女子高生の理子と付き合い始め、次第に理子の純粋な思いにひかれていくように。そんな折、理子が“CRUDE PLAY”のプロデューサーの高橋にスカウトされ、デビューする事になる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
117分

[c]2013青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    これは大原櫻子という天才新人女優のすべてを堪能するための映画だと思いました。

    小枝理子を演ずる彼女。
    パッと見は美人じゃないし、かわいいというほどでもなく、もっと華のある女優は同年代に数あるけれど、観ていくうちに、ぐいぐい惹き込まれて行きます。

    なにしろ歌は素晴らしく上手いし、演技も迫真。
    漫画原作の映画にありがちなドアップ多用のカメラに対しても、まったく破綻することなく、臆せず堂々と演技して、観る側をワクワクさせてくれています。

    あまりに素晴らしい歌声だったので、彼女のCDを買おうと思ったぐらいです(映画館の売店には売っていませんでした。残念)。

    ストーリーは、ここには書きませんが、これも良く練られた良い出来映え。

    その映画館に、観客が私一人というのは、もったいなさすぎると感じました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2014/2/4

     恋愛モノとして純粋に楽しむのは、ちょっと厳しいかもです。ストーリーも結構強引で、コテコテです。ただ、音楽業界に生きる人達の人間模様を垣間見られるという意味では、とってもオススメです。
     ステキな楽曲も沢山出てくるので、邦楽が好きな方にもオススメです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2014/1/23

    おじさんはうなってしまった・・・。

    私にもああいう青春時代があったような気が・・・。
    そう、誰にでもああいう青春ってあるんじゃない。

    しまった書き出しはこうじゃなかった。音楽における天才って、なんて書き出しじゃ、今の若い人たちはついて来ないでしょうね。いつでもどこでも音楽だっていう世代でしょうから。「モーツアルトとサリエリ」なんていう話はどうでも良いよね。

    そう、映画の話、青春の話。それにしてもここは音楽の話をどうしてもしなければ、ならない。それも天才の話を。

    この作品はある意味、原題でソンをしていると思う。ウソとかホントとか、実はどうでも良い話で、人生とか、生きる意味とか、なんかそんな話だと思う。

    そして、おじさんとしては、話すよりも聞くよりも、この映画を観なさいと言ってしまう。初めてのデートに向く映画だよ、なんてね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2014/1/1

    ストレートに生きたくても…
    音楽業界って色々大変。
    隠したり…引っ張り出したり…
    どんなに素敵な曲も、まず聴いて貰えなきゃ何も始まらない。
    天性の歌声を持っていても、やっぱりデビュー曲はインパクトがないとね。
    秋は、海外でたくさん吸収して、大きくなった理子に、もっともっと素敵な曲を捧げてあげてね。
    二人の未来は、きっと明るいよ!

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2013/12/14

    アキとリコが出会いヒロインが主人公のを引き留めるところで「これ原作は漫画でしょ」の構図あり。いざ映像にすると難しいだろうな、と。
    終わってエンドロールが始まっても立つ人がいないなと思ったら・・・でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/12/5

    理子の歌を売り込むための映画!?
    でも幼いルックスからは想像もつかない見事な歌唱力!! 聞いてて心地よかったし........................。
    むかし中島美嘉がやってたドラマで「傷だらけのラブソング」っていうのがあったけど、ちょこっとそれに似てる部分もあった。
    こっちは清純派な感じだけどね。

    それにしても大原櫻子は理子役をGETしたおかげで、佐藤健とチュー!! なんともうらやまし~~い。
    若い子向きな感じだからストーリー性がないかと思ったけど、音楽業界の嫌なところを見せられたり、ヤキモキもさせられたり、天然ボケのラブラブありで結構おもしろかったです。

    そうそう、しっかり最後まで観てね。
    エンドロール後にも映像があるよ。

    違反報告