マリー・アントワネットに別れをつげて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マリー・アントワネットに別れをつげて

2012年12月15日公開,100分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランス革命が勃発し、揺れるベルサイユ宮殿内で、身代わりでギロチン刑を受けるように命ぜられた、宮廷朗読係の少女の運命を描く、衝撃の物語。原作はフランスで最も権威あるフェミナ賞に輝いた、シャンタル・トマのベストセラー小説。マリー・アントワネットを演じるのは『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー。

予告編・関連動画

マリー・アントワネットに別れをつげて

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1789年7月14日、バスティーユが陥落し、ベルサイユ宮殿にも衝撃が走る。王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人らの名前が載った286名のギロチンリストが発表されたのだ。朗読係のシドニーは、王妃への忠誠を誓うが、王妃からは「ポリニャック夫人の身代わりになるように」と非情な命令が下される。

作品データ

原題
Les adieux à la reine
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
フランス スペイン
配給
ギャガ
上映時間
100分

[c]2012 GMT PRODUCTIONS -LES FILMS DU LENDEMAIN -MORENA FILMS - FRANCE 3 CINEMA -EURO MEDIA FRANCE - INVEST IMAGE [c]Carole Bethuel [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2012/12/26

    私的にはダイアン・クルーガーはマリー・アントワネットのイメージじゃないんです。
    正統派美人過ぎて。

    目線が、王妃に仕えるシドニーの物だから、着飾った貴族たちが時として酷く滑稽よ。
    ギロチンリストに自分の名前を見つけて失神したり、夜逃げしたり・・まとまらない。

    でも、留まる事を決めた王は潔かったよね。逃げ出したいけど、王に従い運命を共にした王妃も。

    フランス革命って、日本の幕末を思い出させます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2012/12/21

    何だか大奥のような雰囲気。
    ロココ時代が好きな人は映像だけで満足してしまうだろう。
    本場フランスのヴェルサイユ宮殿別邸での撮影ですからねぇ。
    あんなにふりふりで色とりどりできらびやかだけれど、今より全然衛星面では劣っているので、汚いと思う。引きずるドレスの裾は水たまりなんぞ、避けられることもできないであろう。お風呂も入らなかったでしょう。体臭を消すのに香水をふんだんに着けていたことでしょう。虫にくわれれば、腕は刺され跡が残るでしょう。
    …といった細かいことが目につく。やはり女性ばかりのシーンが多かったからか。バスティーユでの民衆の怒りは映されなかったし、よく歴史TVでマリー・アントワネットは子供を愛していたやら良いことも謳われるが、やはり自分勝手でしょう。ギロチンもやむを得ないかも。
    読書係って、本当に昔は優雅なものである。
    アントワネットはポリニャック夫人にゾッコンである。どうやら若さが魅力らしいがシドニーはより若いんですがね。おそらくアントワネットの我がままの間に見せる優しさに惹きつけられたのでしょう。
    V.ルドワイヤン、なんか老けたなぁ。私はゾッコンできなかった。
    内容に政治背景が無いため、やはり所詮末端の読書係の目線であっさり終焉。
    宣伝の見せ方が巧いので、つい足を向けてしまった。D.クルーガーは美しかったけれどね。

    違反報告