エージェント・マロリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エージェント・マロリー

2012年9月28日公開,93分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界を股にかけるスゴ腕女スパイの活躍を描く、スティーヴン・ソダーバーグ監督によるスパイ・アクション。アメリカ女子格闘技界の女王と呼ばれるジーナ・カラーノが女スパイ、マロリーに扮し、ノースタントでアクションに挑戦。本物ならではの強烈な蹴りや拳が悪党相手に炸裂するさまは迫力満点。

予告編・関連動画

エージェント・マロリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女スパイ、マロリーにバルセロナでの人質救出という依頼が舞い込む。アーロンと手を組み、敵を窮地に追い込んだ彼女は無事、人質救出に成功する。そんな彼女の活躍を聞きつけたMI6は新たなパートナー、ポールとともに夫婦を装い、謎の男を追跡するよう依頼する。だが、ダブリンに向かう彼女の背後には黒い影が動きはじめていた。

作品データ

原題
HAYWIRE
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
ファントム・フィルム
上映時間
93分

[c]2011 Five Continents Imports, LLC. All rights reserved [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2012/10/9

    実写肉弾格闘戦の迫力は生々しいというか、リアルで痛そうでした。CGやワイヤーのハイスピード&爆発的破壊力のアクションを見慣れてきたので、最初は鈍重なアクションに見えましたが、見慣れるにつれて生々しい極限の身体能力発揮に引き込まれました。
    ジーナさん、本当に戦闘エージェントになれそう。ただ、将来的に“美人アクションヒロイン”の線は苦しいかも。
    ストーリーは回想と現状の交錯式で組織的背景も複雑なために分かりにくく、中途半端感は否めません。特にラストは欲求不満MAXにしてくれます。
    「強いお姉さんが好き」な人は是非ご覧ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2012/10/3

    格闘家が本物アクションを魅せる、ソダーバーグ、彼女の格闘に惚れたか?映画界では無名なため、正直彼女を見たいわけではなく、ソダーバーグだから、周りのcastが豪華だからというわけで行った次第。わりとそういう理由の人多いんでないの?

    …もちろん、銃の撃ちあいはあるが、やはり手足を使った格闘ショットが多いです。もちろん付け焼刃ではない主人公のため、たくましく力強い蹴りやパンチ多々。もはや女性という枠は関係なく、人間同士の戦いである。

    しいてアイルランドまでかな。ソダーバーグ独特のカメラワークや編集の仕方。それ以降はなんだか話の内容もちゃっちいのである。90分程度の映画で本当に良かった。それでも話が長いと思ってしまう話の展開に広がりがない。A.バンデラスもなんであんな役受けたんでしょう。

    アクションなのに爽快どころか、疲れました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    1.0
    2012/9/20

    いきなりおとなしくしてりゃ~ぁいい気になって、ってな感じで女にバコン。
    予告でもそんなとこあったけど、そこに行きつくまでなんかテンポ悪いっていうか暗いっていうか............。

    マロリーは並外れた戦闘能力........確かに!!
    体格もよかったからなおさら!!
    でも音楽らしい音楽もないから、雰囲気暗~~~ぃ。
    PCで画面半々にしてほかのことやりながら観てたからよかったけど、劇場や試写会で観てたら睡魔が襲ってきそうだった。
    期待ハズレでした。

    違反報告