シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ

2012年12月22日公開,85分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スランプに陥ったベテランシェフに代わって、急遽集められた一癖も二癖もあるシェフ軍団が、三ツ星レストランの権威を守ろうと奮闘する姿を描く、笑いあり涙ありの物語。ジャン・レノが三ツ星レストランのベテランシェフを、フランスで人気のコメディ俳優のミカエル・ユーンがトラブルメーカーの若手シェフに扮し、笑いを誘う。

予告編・関連動画

シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パリ有数の超高級三ツ星フレンチレストラン“カルゴ・ラガルド”は最大の危機を迎えていた。というのも、20年もの間、三ツ星を守り抜いてきたベテランシェフのアレクサンドルがスランプに陥ってしまったからだ。次の品評会で星をひとつでも失えばアウトという状況で、若手シェフのジャッキーと出会うが、彼はトラブルメーカーだった。

作品データ

原題
COMME UN CHEF
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
フランス
配給
ギャガ
上映時間
85分

[c]2012 GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - A CONTRACORRIENTE FILMS [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2013/5/19

    おいしそうでお腹が鳴るような映画かと思いましたがちょっと違いました。
    かえって食欲がなくなるような黄色や青の宇宙食みたいなものが出てきたりして................厨房が実験室と化してましたよ。

    特殊な才能も、見つけ出してもらわないと、埋もれちゃうんですかね。
    ジャッキーはただただ子供のような素直な気持ちで食を愛していた。
    ひょんなことからジャッキーの才能を見つけたベテラン有名シェフのアレクサンドル。
    2人で協力して、社長になった道楽息子をギャフンと言わせる。

    2人のお料理番組はいいコンビで面白い!!
    偵察のため、変装した二人も見ものです。

    有名シェフは有望な後継者シェフを見つけ、三ツ星レストランを去りのんびりロマンを期待し小さなレストランのシェフへ転職!!
    若いシェフは才能を見出してもらって、これから妻子のために頑張る!!

    そしていいコンビのお料理番組は続く(^^)v

    ほんわかコメディでしたね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    kin_chan

    4.0
    2013/1/7

    伝統の味を守ろうとするアレクサンドル。いったん解雇され、ペンキ屋していたジャッキーが新しいメニューを考案。二人のタッグが面白い。
    レストランのオーナーがアレクサンドルを解雇しようとして、仕入れをストップ。そんな危機もあっさり乗り越え、星の数を下げるために送り込まれた刺客の審査員の舌を奪ってしまう。
    そうなると、オーナーも現金なもので、手のひらを返したうように持ち上げます。
    無事3つ星も守れて、えばってばかりのオーナーの鼻を折ってやり、プライべーとでもハッピーエンド。
    楽しませてくれました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2013/1/5

    「ソウル・キッチン」「エルブリ」「ファイティングシェフ」を混合してコミカルタッチに流し込んで、ジャンさんとミカエルさんのツートップで仕上げたハートウォーミングドラマという感じです。結構、楽しめました。
    欲を言えば、食い物そのもの=素材・レシピ・調理方法・盛り付け・食べ方等々へもスポットを当てた“料理側”に寄ってくれれば、より一層楽しめたのではないかと思います。
    ジャンさん、さらに容積増というか貫禄が増して、なかなか“楽しいオッサン”ぶりを披露してくれています。
    特に食事前にご覧いただきたい良作です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/1/2

    なんて言うんだろう・・途中までは普通にスランプから脱するために奮闘するシェフと天才的味覚を持ちオタク的感性でレシピにこだわるしがない料理人が出会い開花していく・・って言う感じなんだけど、何か突然途中から、料理の方向性が変わってくる。
    あの宇宙食・・?みたいなのが流行りだったら、そりゃあアレクサンドルの料理が変化の無い古典的な遺物と言われても仕方がないだろう。
    でも、どっちが食べたい・・?と聞かれたら勿論アレクサンドルとジャッキーの料理だわ。
    更にあの敵情視察のシーンだけ、全く他と雰囲気が違うじゃない?
    あれ、いる?
    日本人はばかばかしすぎて笑うけど、異国の人はどう捉えるんだろう・・
    未だに日本のイメージがああな訳じゃ無いよねぇ?
    ミカエル・ユンに敬意を表しての白塗り・・?

    まぁ、あそこだけ異色だけど、他はほのぼのなサクセスストーリーかな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2012/12/29

    楽しい作品ですね。
    ほんわかしてて、安心して観られます。
    ジャン・レノもコミカルに演じてて
    ストーリー展開もリズミカルに進みます。
    1時間25分という上映時間も
    ちょうどいい配分ですね。
    アレクサンドルとジャッキーが
    日本人夫婦を演じるシーンは
    メッチャ楽しかった。
    このコンビでのシリーズ物も観てみたいですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2012/12/29

    美味しそう!
    さすがグルメ大国、パリ!
    一流シェフでも星を落とさず、質を下げず、お客様を喜ばすのは相当なプレッシャーである。
    ところで自称料理界のモーツアルト。一体彼はペンキなんぞ塗っているのでしょう。飲食業界で働いても人と上手く行かず仕方なくペンキ屋…どこで腕が磨いたのでしょう。舌が肥えたのでしょう。やはり生まれつきの天才?
    全体にユーモアがあふれて面白い。テレビでも活躍するアレクサンドル。その助手としていきなりジャックがアシスタントになるわけだが、自分を隠すために、頑なにブライアンと名乗る。
    オーナーの欲求する新しい料理のため調査のため、日本人に扮する2人。これはいかんっ!観客の何人かは失笑していたが、これは笑えない。馬鹿にしています。こういうレベルってとても嫌だなぁ。
    彼らが作る料理はどれも美味しそう。HPに掲載されているケーキなら家でも出来そう。うん、食べたい。

    違反報告