つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

2013年1月26日公開,138分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

直木賞作家・井上荒野の同名小説を、阿部寛を主演に迎えて、行定勲が映画化した恋愛群像ドラマ。阿部扮する主人公がガンで昏睡状態に陥った妻と過去に関係のあった男たちを訪ね、その男にまつわる女たちとのエピソードが次々と明らかになる。小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュンら多数の男女が登場し、壮絶な愛憎劇が展開する。

予告編・関連動画

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

春二は艶という女性と駆け落ちし、大島へやってくる。以来、奔放な妻の不貞に悩まれ続けるが、艶は病に冒され昏睡状態に。何度裏切られても献身的に艶を愛してきた春二は彼女を失う事に耐えられない。そんな時、彼は艶が過去に関係を持った男たちに、死期が近づいている事を知らせようとするが、それが思いも寄らない事態を招く事に。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
138分

[C]2013「つやのよる」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2013/1/26

    良かったです。これも一種のオムニバス映画で、出演者がたくさん必要なのは分かるのですが、皆さん芸達者で、本当に至福のひとときを過ごしました。
    その中で誰かひとりを選べと言われたら、迷わず、大竹しのぶですね。台詞はあまりないのですが、かえって、動作や仕草で感情を表していて、驚きました。
    さて、ベテラン揃いの中で、注目株はやはり、野波麻帆でしょうかね。私はこの方を全く知りませんでしたが、随分と芸歴は長いみたいで、さすがに落ち着いていました。
    忽那汐里も好きな女優さんで注目していますが、やはりまだ硬いかな。もう少し頑張って欲しい。たぶん将来は、良い女優さんになると思います。和風ヘップバーンと言うとほめすぎか・・・。

    違反報告