脳男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

脳男

2013年2月9日公開,125分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第46回江戸川乱歩賞に輝いた首藤瓜於による同名小説を、生田斗真主演で映画化したサスペンス・アクション。生まれつき並外れた記憶力、知能、肉体を持ちながら、人間としての感情を持たない謎の男性“脳男”と、彼の精神鑑定を依頼された女医、彼を追う刑事の物語が描かれる。監督は『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本智行。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

舌を切り取られた女性の全身に爆薬を巻きつける“人間爆弾”によって路線バスが爆破され、乗客全員が死亡するという事件が発生。前後して起きた無差別連続爆破事件を追っていた刑事の茶屋は犯人のアジトを突き止める。だがそこにはすでに犯人と格闘している男が。茶屋はアジトを爆破し逃走した犯人の一味としてその男を逮捕する。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
125分

[c]2013 映画「脳男」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/2/18

    もっとエグイのを期待していた娘にとってはちょっと物足りなくて期待はずれだったようだけど、私的には事前にネタバレ有(飲み込み悪いんで)の鑑賞だったけどよかったです。
    題名からして生田斗真が主人公って感じだけど、私は松雪泰子が主人公じゃないかと!!
    最初から最後までずっと出てたし、松雪の周りでいろんなことが起きたり過去が暴かれてったり、内容も結構過去からの複雑なつながりだったけど、うまくつながっていた気がする。

    もちろん生田斗真も役になりきるために閉じこもったりいろいろやって、演技にも力を入れてたのはわかりましたよ。
    確かに画面では瞬きひとつしてませんでしたしね。
    最後の意味深な微笑みは???

    そういえば、舌をちょん切るシーンがあったけど、思ったほどじゃ~なかった。
    かえってこないだ観たムカデ人間2のときのそのシーンの方がエグくてキモかった。

    ま~ぁ、人気者が出てたりすると、それだけでレビューをよく描く人がいるけど、今回はそうでもなくよかったかな。
    ただし今回私は、生田斗真より松雪泰子の方がよかった!!

    違反報告