闇を生きる男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

闇を生きる男

2012年7月28日公開,124分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ベルギーで起きた殺人事件に基づき、ある小さな出来事によって人生を狂わされた男の闇を描くサスペンスドラマ。監督は、本作が初の長編となるミヒャエル・ロスカム。出演は、「ロフト.」のマティアス・スクナールツ。2011年ベルリン国際映画祭パノラマ部門上映作品、2012年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。

予告編・関連動画

闇を生きる男

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ベルギーのフランドル地方で、家業である畜産業を継いだジャッキー(マティアス・スクナールツ)。ある日、精肉業者から怪しい仕事話が彼のもとに舞い込む。その商談に出かけたジャッキーは、相手の仲間の1人に、彼の過去を知る男・ヂエーデリク(イェルーン・ペルスヴァール)がいることを知る。幼なじみだった2人は、ある不幸な出来事をきっかけにその関係を絶っていた。その出来事はジャッキーの肉体を特異なものに変え、彼の人生を狂わせたのだった。商談が進み出したころ、家畜ホルモンの不正使用を捜査していた捜査官が殺される。精肉業者の背後には悪が見え隠れし、警察は必死の捜査を続ける。そしてジャッキーは、20年前から心を寄せる女性と再会する。予期せぬ事態や過去の秘密、人々の駆け引きが絡み合い、その混乱の渦に飲み込まれていくジャッキー。警察から殺人事件に関与した疑いをかけられたジャッキーを、ヂエーデリクは逃がそうとする。やがてマフィアと警察の闘いに巻き込まれていく彼は、長い闇から抜け出すことができるのか……。

作品データ

原題
RUNDSKOP
製作年
2011年
製作国
ベルギー
配給
アース・スター エンターテイメント
上映時間
124分

[c]Savage Films / Eyeworks /Artemis / Waterland Film  [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?