アウトロー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アウトロー

2013年2月1日公開,130分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

トム・クルーズが自ら製作も担当したサスペンス・アクション。本作でクルーズが演じるのは、元米軍の秘密捜査官にして流れ者の男、ジャック・リーチャー。彼が連続殺害事件の真相に迫っていく姿をスリリングに描き出す。『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞脚本賞に輝いた、クリストファー・マッカリーの監督第2作。

予告編・関連動画

アウトロー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ピッツバーグ近郊で白昼に5人が殺害されるという事件が発生。警察はすぐに元軍人のスナイパーであるバーを逮捕するが、彼はかつて軍で最も恐れていたジャック・リーチャーへの連絡を要求する。その後、バーは刑務所への護送中に他の囚人に襲われ、意識不明に。リーチャーはバーの事件関与を含め、独自に事件の真相に迫っていく。

作品データ

原題
Jack Reacher
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間
130分

[c]2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2013/2/14

    そうだなぁ‥新しさは無いよね。
    それに主人公のキャラがはっきりしないんだよねぇ。
    法ではなく悪を裁く権利は彼には無いし。
    『バットマン』や『処刑人』のような正義に対する熱意が無い。

    ヤンキースの2塁手の名前を名乗る・・って言うのはツボだけど。
    2塁手って、地味。スター選手じゃない。スターじゃないから、知らない人は知らない。知っている人は知っている。
    そこを抑えているところが、ちょっと嬉しい。
    私だったらA'sの2塁手名乗るけど。Jemile Weeks大好き♪

    ストーリーは、トム・クルーズにふさわしい、クリーンで、ちょっとワイルドな物を用意した・・って感じ。
    融通の利かない理想に生きる女弁護士は、『バットマン』の幼馴染を思い出させる。
    事件自体推理小説で見かけたことが有るようなトリックです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2013/2/7

    悪くはないけど、もうひとつインパクトに欠けるかな。
    「アウトロー」って邦題にしちゃったけど
    そんなにアウトローじゃなかったような。
    それぞれの登場人物の人物背景が見えてこないんで
    どうも中途半端感が・・・
    カーアクションや格闘シーンは迫力あったし、
    トム・クルーズ演ずるジャック・リーチャーの
    カッコよさはバリバリだったんで
    シリーズ化されるんなら、これからどうなっていくのか期待かな。
    でも、邦題は原題どおり「ジャック・リーチャー」のほうが
    いいんじゃないでしょうか?

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/2/7

    冒頭から『事件』の違和感がひしひしと伝わってくるので、すんなりと主人公リーチャーの言葉や間隔も理解できます。
    全体的に会話内の情報が少なくて、カーチェイスでは重低音が響き、差し迫っている感を奇妙なほど受けます。
    鑑賞中に、ひょっとして、と思い浮かんだところで作品中でキャラクターが口にしたり行動したりするので、考えが当たったと小さな喜びを覚えます。
    やる気なさそうだったリーチャーの、行動や決断の速さ、実はとっても人に好かれる人柄となっていて、個人的には満足です!

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2013/2/4

    ちょうど休みだったので、空いていると思い初日初回を狙いましたが、ほぼ満席で驚きました。
    トムさんのサスペンスアクション新作ですが、今風ではなくてどこか懐かしさを感じる作品でした。
    そう・・・モノクロ時代の西部劇「ローンレンジャー」「シェーン」とか探偵物「サンセット77」みたいな匂いがしました。
    ド派手大人数・大量破壊・特撮山盛りのアクションとは違い、“信念の男”が次々と難関を突破し悪人を追い詰めていく知的アクション作品です。
    ある意味、仕立てと映像が面白いので、メインはトムさんでなくてもニコラスさんやブルースさん等でもイケるのかもしれません。どうも、トムさんの“にやけ風味な真剣表情”がシックリ来ませんでした。
    往年の“格好良い男の話”ファンの方、是非ご覧ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    samill

    4.0
    2013/2/2

    数々のトム・クルーズの映画を鑑賞してきましたが、ジャック役もカッコイイ!!!どんな役でも期待通りです。思った事・・ヘレンと言うトムの相手役の弁護士の女性を見て。アッ!トムのタイプだと思いました。トムがオーディションしたかは、知りませんが・・・。

    お話の内容は、地味な感じ。
    トムは、一匹オオカミ的な感じで犯罪捜査をしていく。
    大きな変化は無かったですが、カーチェイスはワクワクします!!!

    犯人、そして警察とのカーチェイスは高級車がボコボコになる。
    見ていて、勿体ないと思っていましたが、スタントなしで頑張るトム!アジアのジャッキーチェンもそうでした!素晴らしいです。
    体の限界まで頑張っていただきたい!

    そして、私はいつまでも応援したい。
    見た後は、スカッとしました♪

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2013/1/18

    リーチャーの推理力はすごいんだけどね~ぇ、アクションもそこそこなんだけど、な~んか思ったより地味でした。
    トム・クルーズもおっさんになったって感じ!?!?
    ストーリーも意外と平凡で........................。
    そうそう、あの女の子は助けてあげたかった~ぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2013/1/14

    幸運あってか、T.クルーズの来日試写は今回で3回目。

    しかし、だんだんT.クルーズを目にする時間が非常に少ない。
    親日家であり、ファンを大事にするトムが、映画をみないただのレッドカーペットの人々にものすごく時間をかけるため、上映開始時間が押され舞台挨拶が本当に短かった。おいおい。相手が違うでしょう…
    せめて空港内にしてほしい。
    で、肝心の内容だが、はっきり言おう。来日するほどの映画ではない。

    最初の始まりは衝撃的で、今後の展開が期待できたのだが、その期待がしぼむ。犯人が雑な犯行計画であったためか。
    J.リーチャー。一応正義なんですよね。一匹オオカミ、アウトローっていうくらいだから過去の作品「コラテラル」の方が合っている気がするのだ。
    今回はカーアクションも自分というだけあって、それだけは見応えあった。一体彼はどこまでアクションの危険を冒すのだろう。今後のスターもボディダブルは不要かも。
    せっかくリチャード・ジェンキンス出演しているのに、結構チョイ役で残念。
    共に来日したロザムンド・パイクは、映画の中で特に印象持たない女優さんでした。大体T.クルーズ主演だと女優は光らないんですがね。
    内容もピンとこない映画でせっかく、トム来日したのに残念…

    違反報告