フィッシュ・タンク:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
フィッシュ・タンク
フィッシュ・タンク

フィッシュ・タンク

2012年8月4日公開、123分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ダンスだけを心のよりどころに、孤独で荒んだ生活を送る少女の青春を描く。カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。出演は本作でデビューを飾ったケイティ・ジャーヴィス、「プロメテウス」のマイケル・ファスベンダー。監督は「RED ROAD」でもカンヌ審査員賞を受賞するなど、世界から高い評価を受けるアンドレア・アーノルド。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミア(ケイティ・ジャーヴィス)を取り巻く環境は劣悪だった。住んでいるのは労働者階級のアパートで、隣人たちは粗暴な上に、家族は昼間から酒を飲む母親と、口汚く罵ることを覚えてしまった妹。彼女自身、やり場のないフラストレーションから、常に周囲とトラブルばかりを起こしている。唯一、自分を素直に表現できるものはダンスだけ。ある日ミアは、台所を上半身裸でうろつき回る母親の友人コナー(マイケル・ファスベンダー)と出会う。コナーはミアたちの生意気さを意に介することなく、自然と家族の中に入り込んでくる。初めて自分をきちんと扱ってくれる大人の男性に魅かれてゆくミア。そんなある日、“女性ダンサー募集”の広告を目にした彼女は、コナーの応援も受けて、挑戦を決意するが……。

作品データ

原題
FISH TANK
製作年
2009年
製作国
イギリス= オランダ
配給
熱帯美術館
上映時間
123分
製作会社
BBC Films=UK Film Council= Limelight Communication=ContentFilm=Kasander Film Company

[c] 2012 sandaifestival All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?