俺はまだ本気出してないだけ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

俺はまだ本気出してないだけ

2013年6月15日公開,105分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

青野春秋のデビュー作にして、「このマンガがすごい!2009」にランキングされるなど話題を呼んだコミックを、堤真一主演で映画化したコメディ。42歳でバツイチ子持ちの中年男がいきなりマンガ家になろうとするも、ダメダメすぎて空回りし続ける姿が笑いを誘う。監督・脚本を手がけたのは『コドモ警察』などの福田雄一。

予告編・関連動画

俺はまだ本気出してないだけ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“本当の自分を見つける”と勢いで会社を辞めた42歳の中年男シズオ。だが、朝からゲーム三昧の生活に父親と一人娘はあきれ顔。そんなある日、シズオはマンガ家になると宣言。早速、出版社に持ち込むもまったく相手にされず、バイト先では失敗ばかり。あげくに父親とケンカをして家出をする始末。シズオにデビューの日は訪れるのか。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
105分

[c]青野春秋・小学館/「俺はまだ本気出してないだけ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    3.0
    2020/7/18

    タイトルですべてを言い尽くしている映画なんですね、これが。

    40過ぎてマンガの素養もないのにマンガ家になると言い出して会社を辞めてしまう、イタい主人公を堤真二が演じているわけですが。
    女房にも逃げられた理由が、そりゃそうでしょ、と一言で言えてしまうのがまた痛くて……。

    もう、観てる側まで痛くて痛くて、そういう、背中に毛虫が走るような感覚を味わうためのマゾ映画なのかも知れません。

    蛭子能収さんがチョイ役ででてるのですが、もうすこし、なんとか言ってやれよ、と思いました。

    正直、酷い映画なんです。
    だけど、こんな映画を見ようと思った時点で、すでに自分自身もロクデナシであるわけなので、大甘評価なんですが、そんな自分に★みっつ。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2013/8/2

    喜劇は実は難しいと思う。というのも役者たちの頑張りが逆に作用してしまうこともあるので・・・。
    この作品はキャスティングが凄くて、堤真一はもちろんのこと、生瀬勝久にしても、山田孝之、濱田岳も主役級の人選で、この人たちのギャラを合わせたら、並の作品の2~3本はできてしまう(笑)感じがします。
    にも関わらず、逆にうまくいったのは、みんながそれぞれ抑えた演技でほどよく喜劇にしていったのでは・・・と思います。
    堤真一は、『三丁目の夕日』とかで名を馳せた名優ですが、『容疑者Xの献身』辺りからちょっと雰囲気が変わって来たかなという気がしていました。
    これまでどちらかというと直球一本やりだった投手が変化球を覚えたというか。やはりいつもいつも目を剥く演技だけでは・・・。
    女優もなぜ橋本愛や水野美紀という一流どころが選ばれたかもよく観ると分かります。
    というところでほど良い喜劇できました!

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2013/7/1

    カミさんのお供で観賞。
    思い上がりダメ男に振り回される家族や友人達の悲喜交々をネタにした痛いコメディ映画です。
    大笑いするのではなく苦笑やため息つきながらも引き込まれる強引な展開です。
    主役の堤真一さんはダメ親父役のみならず妄想世界の五役までこなす多彩ぶり。脇を生瀬勝久さん、橋本愛さん、石橋蓮司さん、水野美紀さん、山田孝之さん、濱田岳さん、ムロツヨシさん、蛭子能収さん、佐藤二朗さん、等々の豪華多彩な面々が固め、傍若無人で懲りない主人公の世渡りを引き立てています。
    こんなバカヤロウが自分の友人に居たら腹立つだろうけど、きっと世の中には居るんだろうなぁ~と思ってしまう作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2013/6/11

    グータラパパのお話ですか???
    思いつきで漫画家ですか???
    そんなんで人生やってけるなんて羨ましい。
    静子はしっかり者で、まるでお母さんのよう。

    店長であって店長でない、コーチであってコーチでない。結構笑わされました。
    蛭子さんのボソボソっとした独り言も面白かったですよ

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2013/6/7

    穏やかで堅実なタイプに見えていた堤真一さんが、トランクスでこんなにも壊れた三枚目姿を演じるとはびっくり!シズオ本人・神様・若い頃のシズオなど年齢やタイプに応じていろんなシズオも演じていました。実生活でも結婚して幸せいっぱいの堤さん、俳優としての幅の広さを感じました。
    橋本愛さんも生瀬勝久さんも山田孝之さんも濱田岳さんも石橋蓮司さんも・・・どのキャストもみんな役の個性が光っていました。
    『勇者ヨシヒコ』シリーズも『33分探偵』も大好きだった私。さすが福田雄一監督です、現代社会の問題点を見事に鋭くユーモラスに描いていて、社会風刺がありながら、抱腹絶倒間違いなし。
    マンガチックで悲哀もあって家族愛もあって友情もあって最高の展開です。楽しく鑑賞して、元気を得られます。エンドロール後の最後まで会場は爆笑の渦。笑わせてくれました。
    ゴンチチのアコースティックギターのバックミュージックも癒し効果を与えてくれています。
    ボリウッドコメディ映画にも『ハングオーバー』シリーズ・『宇宙人ポール』などの欧米欧州コメディ映画にも負けません。コメディ邦画の最高峰です!
    ファーストキッチンでイカスミポテトが食べたくなりました。

    違反報告