ルビー・スパークス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ルビー・スパークス

2012年12月15日公開,104分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スランプに陥った作家が、目の前に現れた小説の主人公の女性と恋に落ちるファンタジックなラブストーリー。出演は「カウボーイ&エイリアン」のポール・ダノ、本作の脚本も執筆したエリア・カザンの孫ゾーイ・カザン(「恋するベーカリー」)。監督は「リトル・ミス・サンシャイン」のジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カルヴィン・ウィアフィールズ(ポール・ダノ)は、19歳で天才作家として華々しくデビューしながら、その後10 年間、ベストセラーを出せずに自信を失っていた。周囲に心を閉ざした彼が親しく話をするのは兄のハリー(クリス・メッシーナ)とセラピストのローゼンタール博士(エリオット・グールド)、犬のスコッティだけ。セラピーの一環で大好きな人のことをレポートに書くよう指示されたカルヴィンは、その夜、夢に見た素敵な女の子を主人公に小説を書き始める。その女の子の名前はルビー・スパークス。まるで彼女に恋したかのように小説を書き進めるカルヴィン。ところがある朝、彼が目を覚ますと、キッチンにルビー(ゾーイ・カザン)が立っている。それが夢ではないことを知ったカルヴィンは大喜び。これが、ルビーと過ごす楽しい日々の始まりだった。“フランス語が堪能”と彼が書けばフランス語を流暢に喋るなど、小説通りに振る舞うルビー。彼女が想像の産物であることを知っているのはハリーだけ。しかし、彼女を愛するカルヴィンは、2人の関係を壊さないためにと、小説の執筆をやめてしまう。自由奔放な母、ガートルード(アネット・ベニング)、その恋人モート(アントニオ・バンデラス)ともすぐに打ち解けるルビーだったが、周囲と関わろうとしないカルヴィンに寂しさを覚えた彼女は、やがて距離を取るようになる。新しい仲間たちと交流するルビーの姿に、みじめな気分を味わったカルヴィンは、再び小説を思うように書き替えてゆく。ぎくしゃくする2人の関係は、カルヴィンに嫉妬する作家、ラングドン・サープ(スティーヴン・クーガン)の出版記念パーティーで転機を迎えた。下着姿でプールに飛び込もうとするルビーを咎めるカルヴィンに対し、彼女はカルヴィンが自分に干渉しすぎると怒り、家を出て行こうとする。ついにカルヴィンは、ルビーが自分の創作物だと彼女に告白してしまう……。

作品データ

原題
Ruby Sparks
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画(配給協力 ミラクルヴォイス)
上映時間
104分

[c]2012 Twentieth Century Fox [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2013/1/28

    ルックスはとても地味なカップルである。
    自然な成り行きならない、きっとどこかで心が崩壊すると感じてた。
    起こり得ないことが起きて、それを利用したのだから。

    予想通り、崩壊した。心のバランスが取れなくなった。その終盤はラブストーリーではなく、サイコに近いものだった。P.ダノ扮するカルヴィンの悲痛な表情が忘れられない。
    タイプを打ちながら、じっとルビーを見る表情!
    PCでなく、タイプライターなのが、効果的。喜怒哀楽がタイプライターの音を通してよくわかる。

    P.ダノはj=リヴェット・ゴートンと同時期に人気が売れている感じ。あちらがメジャーならインディーで着実に演技の階段を上っている模様。なんとなく脱力系だが、本当にあの悲痛な顔は見る価値大!
    サポートメンバー、豪華ですね。カルヴィンの兄が現実的かつユーモアで良い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2012/12/19

    小説の主人公が実在した・・って聞くと『主人公は僕だった』が思い浮かぶわね。
    まぁ、全く違うアプローチなんだけど。
    自分の思う通りの理想の女性を生み出しても、上手く行く訳じゃない。
    更に都合良く書き換えても、上手く行く訳じゃないのね。

    芸術家には興味あるのは自分だけ・・っっタイプ多いと思うけど、まぁ、彼もそんな感じ。
    でも、ああ言うラストを書き上げたのは彼の良心ね。
    少なくとも、自分の為・・では無い。
    だから次の段階に進めたのかもね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ぼうしゃ

    3.0
    2012/11/29

     「リトル・ミス・サンシャイン」のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督によるラブストーリー・・・・というキャッチフレーズですが、脚本・製作総指揮:ゾーイ・カザン(エリア・カザンの孫娘)、つまりヒロイン演ずるゾーイ・カザンの映画です。

     ストーリーはスランプの小説家のダメ男と、その彼が小説の中で作り上げた理想の女性が現実の世界で恋をするファンタジー作品。このような作品は、「マイ・フェア・レディ」を挙げるまでもなく枚挙に暇がないですが、この作品が他のピュグマリオン伝説に基づく作品と異なるのは女性の視点が(ゾーイ・カザンの視点が)、より加味されている事で、それにより他の男性的な理想を描いた作品とは一線を画するものとなっています。

    違反報告