戦略空軍命令|MOVIE WALKER PRESS
MENU

戦略空軍命令

1955年7月14日公開,112分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「グレン・ミラー物語」同様、主演ジェームズ・スチュワート「ララミーから来た男」=ジューン・アリソン「もず」、監督アンソニー・マン「ララミーから来た男」、脚本ヴァレンタイン・デイヴィース「トコリの橋」、テクニカラー色彩撮影ウィリアム・ダニエルス「もず」のチームによる色彩航空軍事映画でサミュエル・J・ブリスキンが製作した1955年作品である。原作は「頭上の敵機」のバーン・レイ・ジュニア、脚色はデイヴィスとレイ・ジュニアの共同である。音楽は「野性地帯」のヴィクター・ヤング。共演者は「第八ジェット戦闘機隊」のフランク・ラヴジョイ、「幌馬車隊」のバリー・サリヴァン、「ララミーから来た男」のアレックス・ニコル、「突然の恐怖」のブルース・ベネット、ジェイ・C・フリッペン、ジェームズ・ミリカンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

セント・ルイス“カーディナルス”の名三塁手ロバート・ホーランド(ジェームズ・スチュワート)は、フロリダ州タンパでシーズン前のトレイニング中、米国空軍のラルフ・キャスル少将の訪問をうけ、新しく出来たSAC(空軍戦略部隊)に参加をすすめられた。第二次大戦中、名飛行士として活躍したホーランドは、野球に未練を感じていったんは断わろうとしたが原爆を運ぶSACは平和を守る部隊だと説得され、入隊を決意した。SACはテキサスのフォート・ワースにあり、召集期間は21カ月。21カ月の長い軍隊生活はその後の野球生活を断念することを意味したが、彼は新婚の妻サリー(ジューン・アリソン)とともにテキサスへ行った。フォート・ワースのカースウェル飛行場で、ホーランドはサムフォード中佐(バリー・サリヴァン)の指導をうけてB36を操縦することになった。アラスカまでの無着陸往復飛行など、烈しい訓練ののち、彼は機長に昇進し、サリーに赤ん坊が生れるというとき、グリーンランドのシェリーに耐寒試験飛行をすることになった。もう少しでシェリー到着というとき、B36は突如火を発し、部下を落下傘で避難させたのち、彼とノーランド大尉(アレックス・ニコル)は吹雪の中に不時着した。2日後、2人はヘリコプターに救出され、ホーランドはシェリーの基地で自分が女の子の父になったことを知らされた。フォート・ワースに戻って来た彼はタンパ転任を命ぜられ、大佐に昇進した。召集期間も終わりに近づいていたが、ホーランドは新型機B47の副機長に任命された。召集解除間近いころ、彼は日本まで7400マイルの試験飛行を行うことになったが、これは彼を現役に止めておきたいと思うSAC部隊長ホークス将軍の発案であった。しかし、ホーランドはグリーンランド不時着の際にうけた首の傷が悪化し、飛行機の操縦が不可能となった。ホーランドは除隊したが、首の負傷のため野球に戻ることもできなかった。彼の新生活の第一歩は、愛するカーディナルスの監督になる日を夢に見て、マイナー・リーグ“コマハ”の監督になることであった。

作品データ

原題
Strategic Air Command
製作年
1955年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画会社
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?