おだやかな日常|MOVIE WALKER PRESS
MENU

おだやかな日常

2012年12月22日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東日本大震災後の東京郊外を舞台に、放射能の不安にさらされる2人の女性を描くヒューマンドラマ。監督は、「ふゆの獣」の内田伸輝。プロデューサー・主演は、「歓待」の杉野希妃。出演は、「終わってる」の篠原友希子。第42回ロッテルダム国際映画祭、第17回釜山国際映画祭、第13回東京フィルメックス出品作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2011年3月11日の午後、東京郊外のマンション。ユカコ(篠原友希子)は、凄まじい揺れを必死に耐える。サエコ(杉野希妃)は、5歳の娘・清美(渡辺杏実)を迎えに幼稚園へ走る。地震と津波の被害が報道される中、福島原発は未曾有の被害を受けた。政府が「直ちに放射能の影響は無い」と繰り返す一方、ネットには正反対の言葉があふれていた。ユカコは錯綜する情報の中で、徐々に放射能への不安を抑えられなくなっていく。そんなユカコの様子に、夫タツヤ(山本剛史)は戸惑う。一方、震災直後に別の女性の元に夫ノボル(小柳友)が去っていたサエコも、不安に駆られていた。両親の無事を確認するが、実家は被災していた。清美を守るために幼稚園で放射能の危険性を訴えるが、周囲の不安を煽り、母子は孤立していく。離婚届を置き、荷物を取りに来たノボルが去ったあと、清美が鼻血を出す。サエコは清美と無理心中を図る。隣家の異臭に気付いたユカコは、ベランダ伝いにサエコの部屋に入り、ガス栓を締める。サエコが病室で目を覚ますと、両親が被災地から駆け付けていた。清美はノボルの両親が自宅に連れ帰っていた。避難所暮らしのサエコの両親には、それを止めることはできなかった。マンションに戻ったサエコは、なぜ死なせてくれなかったのかとユカコを責める。ユカコは、なぜ娘まで殺そうとしたのかと反論する。子供を守りたいけど守れないと泣きじゃくるサエコを、ユカコは抱きしめ、励ます。ユカコには子供にまつわる重い過去があったが、2人は固い絆で結ばれる。サエコはユカコとともにタツヤの実家へ行き、清美を取り戻す。ユカコの想いを受け入れたノボルは、大きな決断をする。またユカコも、大きな一歩を踏み出そうとしていた……。

作品データ

製作年
2012年
製作国
日本 アメリカ
配給
和エンタテインメント
上映時間
102分

[c]odayaka film partners [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?