リトル・マエストラ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リトル・マエストラ

2013年2月1日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

過疎化が進む港町を舞台に、天才指揮者に仕立てられた少女とアマチュア・オーケストラの姿を通して、人生の素晴らしさを描くヒューマン・ドラマ。監督は、「海の金魚」の雑賀俊郎。出演は、「阪急電車 片道15分の奇跡」の有村架純、「スカイハイ 劇場版」の釈由美子、「ゆれる」の蟹江敬三、「悪の教典」の篠井英介。

予告編・関連動画

リトル・マエストラ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

過疎化が進む港町、志賀町福浦。この町には数十年続くアマチュア・オーケストラの福浦漁火オーケストラがあり、得意曲はエドワード・エルガーの『威風堂々』1曲のみながら、コンテストの優勝を目指して練習している。老指揮者・吉川は、自分が世界の超有名指揮者マエストロ・オルフェンシュタインの弟子で、孫娘・美咲(有村架純)が自分譲りの指揮者としての才能を持っていると、音大出身のヴァイオリン担当・みどり(釈由美子)に語る。しかし吉川が他界し、オケはコンクールを前に解散の危機に陥る。みどりはオケの期待を背負い、美咲を迎えに行く。しかし美咲は派手な格好の茶髪の少女で、吉川の話とは大きく食い違う。しかし町の人たちの期待を裏切れないみどりは、美咲を天才少女指揮者に仕立てることを決意する。美咲が町に着くと、オケのメンバーは大喜びする。生まれつき気管支の弱いチェロ担当の高校生・正也(上遠野太洸)は、バスケットの仲間たちと思いっきりコートを駆け回るのが夢だと美咲に語る。ある日、漁協の事務所に入った美咲宛ての電話に正也が出る。相手は美咲のブラスバンド部の同級生で、美咲が天才少女指揮者だということが嘘だと知ってしまう。オケのメンバーに真実が明かされると、美咲はメンバーの欠点を次々に指摘していく。みどりは思わず美咲に平手打ちをするが、美咲は、みどりもこんなところに本当の音楽なんてないと思っているはずだと告げる。美咲は、厳しい叱咤のせいでブラスバンド部員の反感を招き、突き上げを食らって大きな心の傷を負っていた。一方、オケのメンバーたちも家族や仕事の問題を抱えており、大きな決断を迫られる……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
アルゴ・ピクチャーズ
上映時間
108分

[c]2012「リトル・マエストラ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?