利休にたずねよ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
利休にたずねよ

利休にたずねよ

2013年12月7日公開,123分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

織田信長、豊臣秀吉に仕えながらも、その圧倒的な美意識が人々から認められた、希代の茶人・千利休。彼の知られざる若き頃の恋にスポットを当てた、山本兼一による直木賞受賞小説を市川海老蔵主演で映画化したラブストーリー。利休が実際に使用したとされるものなども含め、数々の茶の名器がスクリーンを彩る。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

利休にたずねよ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

豊臣秀吉の怒りにふれ、千利休は最期の時を迎えようとしていた。妻・宗恩はこれまで夫に対して感じてきた疑問を投げかける。それは“利休が秘かに誰かに思いを抱いていたのではないか?”というもの。確かに若かりし頃、色街に入り浸っていた利休は高麗からさらわれてきた女に心を奪われ、その出会いは彼に大きな変化をもたらすものだった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
123分
製作会社
「利休にたずねよ」製作委員会(東映=木下グループ=キングレコード=東映ビデオ=テレビ東京=東急エージェンシー=ギルド=テレビ大阪=クリエイターズユニオン=日本出版販売=PHP研究所=読売新聞社=東映チャンネル)

[c]2013「利休にたずねよ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?