死んでもいいの 百年恋して|MOVIE WALKER PRESS
MENU

死んでもいいの 百年恋して

2012年12月8日公開,75分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“Love and Eros CINEMA COLLECTION”2ndシーズンWinterの1本。夫を事故で亡くしたショックで歳を取らなくなった女性が体験する不思議な出来事を描く。出演は、「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」の森下くるみ。監督は、「イヤリング」の榎本敏郎。

予告編・関連動画

死んでもいいの 百年恋して

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

結婚早々、夫・耕三を事故で亡くした祐加(森下くるみ)は、そのショックで歳を取らなくなった。30年後、祐加と同じ年齢のアラサーになった娘の綾香(範田紗々)は、婚約者を家に連れてくるようになった。祐加や耕三とつるんでいた昔からの親友・次郎(下條アトム)は60歳になったが、祐加のことがずっと好きで、なんやかんやと面倒を見てくれる。しかし、ずっと友達だと思っていた祐加は、次郎をそんな目で見ることができない。ある日、祐加は道端で、酔っ払った女性を介抱する。その女性・恵美は、お礼のおまじないだと言って祐加にキスをし、去っていく。翌日、勤務する図書館の地下で見慣れないドアを発見した祐加は、恐る恐るドアの中に入っていく。長い暗渠を抜けると、そこは見覚えのある街だった。そこで祐加の前に現れたのは、30年前に死んだはずの耕三だった……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2012年
製作国
日本
配給
アルゴ・ピクチャーズ
上映時間
75分

[c]シネマ・クリエイション/レジェンド・ピクチャーズ [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?