アンナ・カレーニナ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アンナ・カレーニナ

2013年3月29日公開,130分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロシアの文豪トルストイの最高傑作として知られるラブストーリーを、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が、キーラ・ナイトレイ主演で映画化。19世紀末のロシアを舞台に、愛のない結婚をしたヒロインが運命の男性と出会い、真実の愛に目覚める姿を描き出す。ジュード・ロウほか、実力派が多数共演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

政府高官カレーニンの妻アンナ・カレーニナは、その美貌と優美な笑顔で知られる、ペテルブルグ社交界の華だ。ある日、兄を訪ねてモスクワへ降り立った彼女は、駅で青年将校ヴロンスキーと出会う。一目で強くひかれあった2人は、再会した舞踏会で恋に落ちる。そして、アンナは社交界と家庭を捨てる決意を固める。

作品データ

原題
ANNA KARENINA
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
イギリス
配給
ギャガ
上映時間
130分

[c]2012 Focus Features LLC. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2013/4/14

    アンナら女性たちののドレスはもちろん美しいんだけれど、男性陣の衣装も軍服はじめ全てが麗しい。
    ヨーロッパの伝統的な劇場を模したセットの中で数々の場面が描かれる、その映像も美しい。
    劇場の様子をしっかり見るにはやはり大きな画面がふさわしい。テレビサイズに出来上がっていることの多い邦画では味わえない感動が味わえる。

    映像の美しさは感動ものなのだが人物像の掘り下げ方にいささか物足りなさを感じてしまうことは残念。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2013/4/4

    タイトルとcastとトルストイの有名作品ということで、鑑賞。
    何度も映画化されているので、話の筋は知っているが、未読なのが恥ずかしい。
    舞台のような演出の新鮮さと衣装デザイン賞でアカデミー賞受賞は映像でうなずける。
    イギリス映画であり、主要castもしっかりイギリス人俳優。でもロシア文学、イギリスにshiftして脚本をやや変えても宜しかったかも。
    地位と名誉が重んじられた世界。上流階級だからこそ、その比率は高く、じりじりと行動に移さないためにアンナは悲惨な運命を辿る。オペラ鑑賞時、周囲からの冷たい視線は、プライドもある上流階級の人にとっては耐え難い。彼女だけではなかったはずでしょうが、多くの人がスキャンダラスな行為を陰でやっていたに違いない。ただ、今も昔もゴシップは事絶えず。
    文芸作品は本当にK.ナイトレーは良く似合う。衣装もさることながら、シャネルのジュエリーが美しい。
    アーロン・テイラー=ジョンソンは、最近「野蛮なやつら」で拝見したが、こういうのも演じるんですね。演技力があるかどうかはこれからだが、ちょいちょいスクリーンで見そう。
    E.ワトソンがもう少し出て欲しかったなぁ。
    過去のアンナ・カレーニナで見ていない作品を見てみようか、あるいは原作をこれを機に読むか。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    3.0
    2013/4/1

    少し字幕と会話がずれているのが気になり、アンナ・カレーニナを再読したくなった。
    帝政ロシアの華やかさには目を奪われるが、舞台的な演出の部分が少し気になる。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/3/18

    びっくりした。
    1998年に公開された『アンナ・カレーニナ』をイメージしていたから意外でした。
    舞台の上で物語が繰り広げられる感じ。

    今作のジュード・ロウのひたすらオーラを消した姿には感動します。
    本当なら、ヴロンスキー伯爵演じられる容姿なのにねぇ。まぁ、若い頃なら・・だけど。
    アンナ役のキーラは迫力ある美貌を誇っているし、キティは可憐に可愛らしい。イメージ通り。
    そして、今回ヴロンスキー伯爵を演じたアーロン坊や。

    1998年の方でヴロンスキー伯爵を演じたのは、ショーン・ビーンなんだけど、2002年製作の『トムとトーマス』って映画で、アーロンはショーンの息子(養子だけど)を演じている。
    その時の幼い少年のイメージが強いから、アーロンはどうしても坊やのイメージ。演技派に育ったなぁ‥と思うけど。
    麗しく上手に演じていたけどね。どうしてもパパショーンのヴロンスキー伯爵と比べてしまうわ。

    それ以外にも、どうしても比べてしまうんだけど、向こうは重厚なドラマだし、今回のはポップな感じね。題材は同じに重いんだけど・・まぁ、しっかりとした原作が有るのでストーリーはほぼ同じなんだけど、ここまで違う作品になるのね。
    アンナが薬にはまる過程が違うかな。
    向こうでは流産の鎮痛剤として使用して中毒になって行ったけど、今回は違うのよね。
    それと向こうは何となく主役はレヴィン・・?次がショーン・・とも思えるんだけど、今回は完全にキーラのアンナでしょ。

    どっちが好きかって問われると困るけどね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/3/10

    舞台仕立てのような映画!?でちょっと変わってるところもありました。
    要は不倫のお話!?
    素直に人を愛したらこうなった..................。
    旦那は奥さんを愛していたのかいなかったのか、お飾りだったのか、妻の不倫を知っても................。
    でもってついにブチ切れたのに、なぜか受け入れてまた許してしまう夫。
    そのうちヴロンスキーの方も、周りが動き出し離れさせようとして、アンナは..................。
    最後は悲しい結末!! 切ない........................。
    罰といえば罰なのか..................でもヴロンスキーがいけない!!

    時代物は衣装がきれい。今回もとても素敵でした。
    ダンスなんですが、ただのズンタッタ・ズンタッタ~かと思ったら、ズンタッタ・ズンタッタ~の中に手もくねくねしたりなんかとてもおしゃれなダンスに見えた。
    あと社交界の人たちはみなそうなのか、歩きながらするスルッと服を脱ぎ着したりで、軽やかに変身。
    そんなところも面白かったかな(^^)v

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告