マキシマム・ブロウのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マキシマム・ブロウのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2013年2月9日公開,96分

ユーザーレビュー

3.5
  • rikoriko2255

    とし

    2.0
    2021/8/14

    2021年8月14日
    映画 #マキシマム・ブロウ (2012年)鑑賞

    #スティーヴ・オースティン 主演のアクション映画
    元ヘビー級のプロレスラーなので、アクションシーンでも、相手の攻撃を受けてから返すパターンが多い気がする。避ければいいのにと思うところでも一回先ず受ける。でも銃の場合はそうではない

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2013/3/3

    ヤバい!熊vsゴリラの肉弾戦っていう感じで、とにかく凶暴でゴツくて痛くて強い!エロっ気ゼロのハードアクション映画です。
    3/31閉館の銀座シネパトスで上映のラストアクション作品です。
    スティーブ・オースティンさんとドルフ・ラングレンさんという「エクスペンダブルス」でも名を馳せた豪腕怪優のド派手な競演です。
    ギャングの用心棒(スティーブさん)が弟の借金のカタに荷物運びを強要され、敵対勢力の執拗な追撃を傷だらけで突破するという「トランスポーター」っぽい流れです。但し、全面的にアクション重視なのでストーリー的には意外に単純です。用心棒が実は兄弟思いで超愛妻家っていう設定が良い息抜きになってます。
    実は届け先のボス(ドルフさん)の目的は、荷物ではなく、自分の病気を治すための用心棒の全血液(HH、ボンベイブラッド)だったというオチで、最後は二人の生死を掛けた壮絶な肉弾戦となる訳です。
    観ているだけで身体中が痛くなりそうな映画ですが、ラストシーンでホッコリさせてくれるところは、なかなかの出来です。
    怪力バトルアクションファンにお薦めの怪作です。

    違反報告
1/1