神様のカルテ2|MOVIE WALKER PRESS
MENU

神様のカルテ2

2014年3月21日公開,116分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

自身が医師でもある作家・夏川草介の同名小説を嵐の櫻井翔主演で映画化し、話題を呼んだ人間ドラマの続編。妻の出産を控えた主人公、かつての親友とその妻、恩師とその妻という3組の夫婦の姿を通し、仕事、愛、友情とは何かが語られる。主人公の親友役を藤原竜也が演じる。監督は前作同様、人間ドラマに定評のある深川栄洋。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

妻・榛名の出産を控える一止が勤める本庄病院に、大学時代の同期で“医学部の良心”と言われていたエリートの進藤が赴任する。親友との再会を喜ぶ一止だったが、進藤は勤務時間が終わると帰ってしまい、時間外の呼び出しにも応じない。そんな進藤の姿勢に疑問を感じた一止は衝突してしまうが、彼は妻・千夏との間に問題を抱えていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
116分

[c]2014「神様のカルテ2」製作委員会 [c]2010 夏川草介/小学館文庫 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2014/3/30

    24時間365日の病院
    一生懸命なお医者さんと明るい看護師さん
    楽しい患者さんと元気な病室
    素敵なご夫婦や可愛い奥様
    あふれる優しさに包まれて涙してしまうなんて…
    やっぱり探しているんですよね
    神様の贈り物の様な「こんな優しさ」

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/3/27

    【賛否両論チェック】
    賛:医者や人間のあるべき姿を、爽やかに、それでいて鮮明に描き出す感動作。手術描写も少な目なので、安心して観られる。
    否:言葉の言い回しが結構小説チックなので、好みは分かれそう。物語も意外と単調なので、眠くなるかも。

     3組の医師と妻の姿を通して、「医者のあるべき姿」そして「人間のあるべき姿」という答えのないテーマを紡ぎ出す、素敵なストーリーです。手術シーンもかなり少な目なので、そういうのが苦手な方も、比較的安心して観られます。
     意外と単調な進み方ではあるので、少し眠くなるかも知れませんが、普段忘れがちな大切なものを気付かせてくれる、オススメの作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2014/3/27

    この映画、続編と聞いて、あまり期待していなかったのと、私の好きな宮崎あおいが脇に徹しているので、敬遠していたのですが、観て良かったです。
    櫻井翔は『謎解きはディナーのあとで』とは違って「作った部分」がなく、やや凡庸な医師を真面目に演じていたし、藤原竜也も従来のエキセントリックな役柄を排して、誠実な役回り。柄本明は、いつも通り、やや演技過剰だけど、おしどり夫婦役の市毛良枝の抑えた演技が光る。
    池脇千鶴は、やはりこういう役がうまいし、原田泰造、濱田岳も適役。
    ただ、要潤、吉瀬美智子、吹石一恵等豪華俳優陣をちょっと使いこなせていないのが残念かな。
    こういう映画をもっともっと観たいですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/2/19

    櫻井翔のせいか、のんびりまったり感はあったが、藤原竜也のぎこちないパパぶりが笑えた。
    そして柄本明と市毛良枝のいい夫婦ぶりがなんだかとってもあったかくてよかった。
    もう治せない病気でも、それを受け入れ最後をどう穏やかに過ごすかっていうのが、とっても大事だって..................。
    病院って病気を治すだけじゃなく、そういうことをちゃんと考えてほしいよね。
    そういえば今回宮崎あおいは普通っぽかったですけど..................。あれっ!?

    違反報告