メッセンジャー|MOVIE WALKER PRESS
MENU
メッセンジャー
メッセンジャー

メッセンジャー

2013年3月9日公開,112分
R15+
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

戦死した兵士の遺族に訃報を伝える米軍のメッセンジャーを主人公に、戦争の悲惨さを描くドラマ。主演は「3時10分、決断のとき」のベン・フォスター。ウディ・ハレルソン(「ハンガー・ゲーム」)の助演男優賞と脚本賞の2部門でアカデミー賞ノミネート。「アイム・ノット・ゼア」の脚本家、オーレン・ムーヴァーマンの初監督作。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イラク戦争で負傷し、帰国した米軍兵士ウィル軍曹(ベン・フォスター)は、新たな任務を受ける。それは、上官のトニー大尉(ウディ・ハレルソン)とともに、戦死した兵士の遺族に第一報の訃報を伝えるメッセンジャーへの就任だった。だがその任務は、非常に残酷なものだった。訃報を受けた遺族は、怒りと悲しみを露わにし、非難の矛先を国や戦争に対してではなく、メッセンジャーに向けてくる。自分の親族は戦死したのにもかかわらず、このメッセンジャーは無事に生還している……。悲痛な思いから、時に遺族たちはメッセンジャーに罵声を浴びせる。そんな日々を繰り返す耐え難い任務に、葛藤を抱くウィル。ある日彼は、戦死を告げた兵士の妻で、今は未亡人となったオリヴィア(サマンサ・モートン)と出会う。日々、接することで距離を縮めてゆく2人。心身ともに傷つき、生きる意味を模索していたウィルだったが、彼を見守るトニー、そして何よりオリヴィアとの出会いをきっかけに、失われた心を徐々に取り戻してゆく……。

作品データ

原題
The Messenger
映倫区分
R15+
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
インターフィルム
上映時間
112分
製作会社
Oscilloscope Laboratories=Omnilab Media =Sherazade Film Development =BZ Entertainment = Mark Gordon Company, The=Good Worldwide= All the Kings Horses

[c]2009 All the Kings Hourse,LLC ALL RIGHT RESERVED. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?