マジック・マイクのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マジック・マイクのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2013年8月3日公開,110分
R15+

ユーザーレビュー

3.6
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2020/9/22

    チャニング・テイタムがどうのという事ではなく観たのですが、知らない世界が垣間見れて面白かったです。彼等の肉体美やパフォーマンスは作り上げられたものだからとても素敵でした。そりゃ身内や友人が足を踏み入れたら平常心でいられるかは別ですが。
    お金に対する価値観や自分に対する評価、将来の不安を感じる中でしっかりと、ある意味冷めて生きていけるかは本人次第。若ければまぁ無理な訳でアダムを責める気にはなれませんわね。アダムの姉とはこの後どうなるんでしょ。どうもならんわな。
    マシュー・マコノヒーが40歳越えでこの肉体美!素晴らしいです。マッチョ大好きなんでとても見応えありましたよ、うん。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2013/8/24

    C.テイタムの実話ベースということで、彼のダンスのキレは抜群!
    それにしても皆、体が大変なことになっている、すごい。マッチョに加え、ボディスプレーやワックスを使用し撮影へ自分の体に付加価値を上げ、本当にすごい。
    30代のテイタムまではギリギリ若さで納得だが、驚きはM.マコノヒーである。「ペーパー・ボーイ」から今後の「The wolf of wall street 」まで彼の株買いでしょう。この作品においては踊りも(ペーパーボーイに続き、おしりも見せるボーナス)歌も自作を披露し、経営者としてステージを盛り上げ、アダムやマイクのような若さを失いつつもマイアミへの進出という事業拡大を目指す野心家。
    ステージ裏の雰囲気は男性だからか、「ショーガール」のように醜くない。ユーモラスで明るい。

    C.テイタムはアクション大作といい、最もセクシーな男性として人気上昇だが、個人的にはその肉体は納得ですが、顔に華やかさが欠ける。(少年のあどけなさが残ると言えばそうでしょう)M.マコノヒーに軍配かな。(アダムとのジムのシーン、ウケる。保証!)C.ホーンという女優の選択はよろしい。控えめでジョアンナからタトゥを褒められても若気の至りと恥じらう、マイクとの世界とは別にいる女性。映画には時間に限りがあるのでロマンスも焦点的な会話でくっつくというのが多いが、この話においてはとても自然。2人のたわいない会話、爽やか。C.ホーンの素性はお嬢様だが堅実な女性を演じて好感。アダムは幸せである。こんな姉を持って。

    ブロードウエイのような舞台ではない。だけどお客を喜ばせること、自分も楽しむこと、演出もダンスも、そして磨き上げた肉体も半端じゃ無理。ストリッパー、一生の仕事ではないけれどそれが本物ならば得られる価値あるものと信じたい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/8/9

    のっけからチャニングのフルヌード。
    彼のマッチョ加減は凄いよね。鍛えた!!って体しているからセクシーって言うより凄いマッチョ!って感想。
    で、凄く未知の世界なんだけど、コレは気合の入ったショーなんだな‥って思うわ。
    女性たちも、ちゃんとわかっていて、その時間を楽しみに来ている感じ。

    チャニングが踊れるのは知っているしね。
    見応えのあるステージだもん。NO1人気なのは当然な感じ。

    でも、そんな派手な世界を面白おかしく描いているんじゃ無くて、堕落と紙一重の所で、ルールを守り目標を持って堅実にやっている彼の本質との違和感って言うのかな?それが凄く良く解る。

    淋しそうなの。
    自分の居場所じゃない・・って感じが。

    まず店の経営者のダラスだってきっと元はTOPだったんだろうね。
    華麗で一線から身を引いたわけでしょ。
    それを元マッチョイケメン俳優のマシュー・マコノヒーが演じていて、哀愁を感じるんだけど、まぁ、彼は癖のあるおじさん役が上手い性格俳優に上手く移行してきてるしね。
    で、青年役が多かったチャニング・テイタムが、もうこんなくたびれた感を醸し出した役で、もう時代は次の若手に取って代わられているんだね。確かに アレックス・ペティファーはちょっと前まで少年って言えそうな感じだったけど、すっかりたくましく成長したし。
    俳優の寿命の短さも感じます。
    勿論、上手く役どころを移行していければOKですけどね。

    何かちょっと色々な哀愁を感じる映画でした。

    ラストのその後を、もうちょっと見せて欲しかったなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2013/7/24

    男性の肉体美の魅力満点!セクシーでスタイリッシュで単調でなくていろんな形で趣向を凝らしているドキドキキュンキュンする艶美のショー。
    『バーレスク』は女性の妖艶な世界だったけれど、男性版のこの手の業界も華やかなショーの裏世界も垣間見れて見応えがあった。
    マシュー・マコノヒーって40歳過ぎているのに若者に負けない素敵な肉体だってことも初めて知った。(O_o)WAO!!!
    チャニング・テイタムの実話をもとにしているということだが、自身が演じたマイク役が本人の姿?マイク役なら既に出来上がったショーのトップダンサーだし。そこからのストーリー?まあ、題材にしているだけで、チャニング・テイタムとマイクは異なると思うけど。(^^ゞ
    企業家としての夢を目指す為に誘惑の多いストリップダンサーを手段として稼ぐとしても、ここからはダメという境界線を引く確固とした姿勢、そして全てを投げ打っても友人を守る優しさに感銘した。
    アダムはきっと今までの自分から脱皮して新しい世界に入ったことで輝きを得られたから良かったんだ。でも・・・・。
    どんな世界に身をおいても、舞い上がって甘い罠に引っかかることなく犯罪に値することはせず流されることなく理性を崩すことなく前向きに生きていく強さ、状況判断できる客観性を保つことって大変だけど人間が生きていく上で必須なんだって痛感した。

    違反報告
1/1