ブルーノのしあわせガイド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブルーノのしあわせガイド

2013年4月13日公開,95分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ローマを舞台に、気楽な独身生活を送る中年男性が、ある日突然、自分の息子だと知らされた青年と共同生活を送る様子を描いたコメディ。出演は「永遠と一日」のファブリッツィオ・ベンティヴォリオ、本作が映画デビューとなるフィリッポ・シッキターノ。「副王家の一族」などの脚本家、フランチェスコ・ブルーニの監督デビュー作。

予告編・関連動画

ブルーノのしあわせガイド

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ローマで独り暮らしを送る独身中年男のブルーノ(ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ)は、ゴーストライターとしてタレントの伝記執筆や元教師の経験を生かした補習塾で生計を立てていた。決して余裕のある生活とは言えないが、当の本人にそれほど焦りはない。自由気ままな生活を楽しんでいたブルーノは、ある日、生徒の母親から“自分が留守にする半年の間、一人息子と同居をしてほしい”と依頼される。しかも、その息子ルカ(フィリッポ・シッキターノ)は15年前にブルーノとの間にできた子だと言うのだ。驚愕の事実を知らされながらも、父親であることを告げないまま、ブルーノはルカとの共同生活を始める。音楽とボクシングに夢中で、朝礼には出席しない、教科書を持って行かないなど、学校ではちょっとした問題児として教師を困らせているルカだったが、同居する前から、なぜかブルーノの補習塾には欠かさず顔を出していた。ブルーノはそんな彼を、聡明で愉快な青年だと考えていた。ある日、ルカが通う高校から面談に来るよう連絡を受けたブルーノは、担当教師から“成績が悪く、このままでは落第だ”と聞かされ、ルカと真剣に向き合おうと決意する。まるで父親のようにあれこれ面倒を見るブルーノに最初は反発しながらも、次第に学ぶ楽しさを知ってゆくルカ。その一方、自伝執筆の依頼を受けたポルノ女優・ティナ(バルボラ・ボブローヴァ)の自宅を訪れたブルーノは、ルカと同い年の彼女の息子が、成績優秀でスポーツ万能だと聞き、ますますルカを何とかしなければと考える。同じ時間を過ごすうち、いつしか父と子のような絆で結ばれてゆく2人。だがある夜、勉強の途中で悪友たちと遊びに出たルカは、危険なトラブルに巻き込まれてしまう……。

作品データ

原題
SCIALLA!
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
イタリア
配給
アルシネテラン
上映時間
95分

[c]2011 I.B.C. Movie [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2013/4/19

    ダラダラだし、留年目前なんだけど、皆の人気者だし、ドラッグは絶対やらないって強いポリシーも有る。
    危なっかしいんだけど、筋が通っているんだよね。

    どんな親だって思うじゃない。
    幸せな学校生活を送って欲しいって。勉強が出来ればそれに越したことは無いけど、友達と楽しい毎日・・って言うのも最低条件でしょ。
    そういう意味でルカは良い息子よね。

    それに、教師の娘である私にとって、元教師の今は冴えないブルーノだけど、人生は無駄じゃなく、素晴らしい先生だったんだ‥って証明されたのが嬉しいな。
    今の教師は型にはめられちゃうじゃない。予定通りの授業をそつなくこなせば良い・・って感じ。だから記憶に残らないでしょ。
    出会った教師のお陰で芸術が好きになったとか、道が開けた‥とか、そう言う思いは抱きにくい。
    でも、ブルーノは、生徒にそう言う物を残せる教師だったの。
    まぁ、彼をルカが見直すのはその事だけじゃないんだけど。

    ルカが変わって、乗り込んできたブルーノにルカの事を説明する担任の口調の誇らしげなこと。
    ローマの教育は死んでないんだなぁ‥と思いました。

    街のあちこちでブルーノが見るルカの幻影はどれも楽しそうで、誇らしげ。
    どんな道に進んでも楽しくやり甲斐を持って過ごしてくれたらそれでいい。親はそう思うよね。
    ブルーノもきっとそう。
    自覚が芽生えたのはルカだけじゃないの。

    そしてルカなら本当に、どんな道でも切り開いて頑張って行けるような気がする。
    そう思わせる子でした。

    デリケートな思春期の息子を持つ親なら一層楽しめると思うわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    3.0
    2013/3/27

    他者の影響によって、今までにない自分に変われるんだって思える作品だった。
    ゴーストライターをしながらだらしない雰囲気の1人気まま暮らしだったブルーノにとって突然息子との同居って大変。当初自分が父親って名乗らなかったし息子として接する状態でなかったのに、息子ルカが落第になりそうなことを知ってからの変貌。やっぱり他人でなく自分の子供が落第したらショックなんだ。しかもブルーノは元教師だし。また、麻薬組織に巻き込まれた時のドキドキ感は凄かった。でも、詩人がブルーノのことを覚えていて・・・。(そのシーンが意外で一番好き!)そしてルカもブルーノに対しての見方も変わって生き方も変わる。ルカって根本的に悪でないし、ただつっぱっていただけ。パーカーのフードを被っていた姿が映画『8Mile』のエミネムに似ているって思った。
    こんな風になってほしいとか無理やりでなくて、自然体の行動が人の心を打ち本質を変える程の強い影響力があるのかもしれない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2013/3/25

    塾に来てた子がいきなりあなたの子供だと知らされ、半年預かってほしいと..........。
    それも半年も!!
    戸惑うブルーノ、さ~ぁパパはどうする???

    はじめは自分のことは自分でやれって言ってたブルーのだが、学校から呼び出し喰らって「このままでは落第です。」と言われ、ブルーノは心入れ替える。
    なんとしても落第だけは~ってね。
    イタリア映画だけに地味目なんだけど、何気に面白い。

    ひょんなことから麻薬組織に巻き込まれ命の危険まで..................だったんだけど、ブルーノのおかげで................。
    そしてブルーノはルカから父親としても..................。一石二鳥!?

    そしてルカは勉強を頑張って3教科ではあったが落第は避けられた???と思ったら、これじゃ~ぁいけないと..............。
    なんだかこれを観た後は幸せな気分になりました。

    違反報告