ヒステリア|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒステリア

2013年4月20日公開,100分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヴィクトリア王朝最盛期に誕生した電動バイブレーターの秘話をコミカルに描いたドラマ。電動バイブレーターが開発された当初は、現在のように性具としてではなく、ヒステリー症状を持つ女性たちを治療するための医療器具として使われていた。「クレイジー・ハート」のマギー・ギレンホールが父が編み出したマッサージ療法に断固反対する娘を、「お買いもの中毒な私!」のヒュー・ダンシーが人気沸騰しすぎて利き腕が使えなくなったことからバイブレーターを開発する若い医師を、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョナサン・プライスが婦人科医の権威を演じる。監督は「Ball in the House」(未)のターニャ・ウェクスラー。

予告編・関連動画

ヒステリア

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1890年、イギリス。第二次産業革命が起こりヴィクトリア王朝は最盛期を迎えていた。その頃巷では女性たちに、すぐに泣く、異常な性欲、不感症、うつ病など様々な症状を引き起こすヒステリーが広まっていた。婦人科医の権威であるダリンプル医師(ジョナサン・プライス)は、女性特有のヒステリーに対処する“マッサージ療法”を考案する。この“マッサージ療法”は大変効果的で、ダリンプルの診療所に多くの女性患者が詰めかけるようになる。さらに、ハンサムで真面目なグランヴィル医師(ヒュー・ダンシー)が診療所に入ったことから、人気に拍車がかかる。その一方で、ダリンプル医師の娘シャーロット(マギー・ギレンホール)は“マッサージ療法”に対して嫌悪感を抱いており、非難する。ある日、“マッサージ療法”をしすぎたためにグランヴィルの利き手が動かなくなり、彼は診療所を解雇されてしまう……。

作品データ

原題
Hysteria
映倫区分
PG12
製作年
2011年
製作国
イギリス フランス ドイツ ルクセンブルク
配給
彩プロ
上映時間
100分

[c]2010Hysteria Films Limited.Arte France Cinema and By Alternative Pictures S.A.R.L [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2013/4/24

    医療も科学も女性の地位も発展途上の時代。
    新しい物を受け入れないのは世の常よね。
    「ヒステリー」が病気とみなされたのも男の怠慢からだと思うわ。
    その一言ですませた方が楽だったんでしょ。自分の非を認めてきちんと向き合うより。

    思った以上に、良い話に出来上がっていました。
    シャーロットのキャラが効いているのよね。
    ダリンプル医師の娘は両極端だけど、それぞれ凄く良い娘に育ったと思うわ。父親は小物なのにねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告