僧侶の特権なしに|MOVIE WALKER PRESS
MENU

僧侶の特権なしに

1921年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

イギリスの詩人キプリングの短篇「僧侶の特権なしに」に基づきランドルフ・ルイスが脚色し、作者キプリングの検閲を経て、セットなども氏の意見によって建てた。監督は「ペルシャの暴君」等と同じくジェームズ・ヤングで主役は「ペルシャの暴君」出演のヴァージニア・ブラウン・フェアーである。その他トーマス・ホールディング、エヴェリン・セルビー、オットー・レデラー等が主要な役を演じている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

インドにおいて、イギリス人の土木技師ジョン・ホールデンは金貸しに虐待されている憐れな原住民の母娘を救い、娘アミーラを妻とする。2人の仲にはトタと呼ぶ子供まで生まれたが、6年後、子供が病気で死にアミーラは悲しみの極気に狂わんばかりになった。ジョンは仕事の都合上アミーラを残して鉄道工事の監督に赴いたが、その留守中にアミーラはコレラで死んでしまった。ジョンは亡き妻の跡を涙のうちにに弔うのであった。

作品データ

原題
Without Benefit of Clergy
製作年
1921年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?