ニューヨーク、恋人たちの2日間|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ニューヨーク、恋人たちの2日間

2013年7月27日公開,95分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジュリー・デルピーが監督・脚本・主演を務めた『パリ、恋人たちの2日間』の続編となるラブ・コメディ。前作のパリからニューヨークへと舞台を移し、フランス人写真家のヒロインが再びトラブルに巻き込まれる姿がつづられる。『恋愛だけじゃダメかしら?』の人気コメディ俳優クリス・ロックがヒロインの新たな恋人役を演じる。

予告編・関連動画

ニューヨーク、恋人たちの2日間

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フランス人写真家のマリオンはひとり息子と、新しい恋人でラジオDJのミンガスと彼の娘とともにニューヨークのアパートで暮らしている。ところがある日、マリオンの父親と妹とそのフィアンセがやってきて、2日間滞在する事に。破天荒な言動を繰り広げるマリオン一家のせいで、良好だった彼との関係にも不穏な空気が流れはじめる。

作品データ

原題
2 Days in New York
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
フランス ドイツ ベルギー
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
95分

[c]Polaris Film Production & Finance, Senator Film, Saga Film, Tempete sous un Crane Production, Alvy Productions, In Production, TDY Filmproduktion - 2012All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2013/7/31

    個人的に、コアラちゃんな彼、良いなぁ~~と終始思いながら見ていたのですが、兎に角、彼女の家族がうるさい!
    落ち着きが無い!思いやりが無い!
    『パリ、恋人たちの2日間』は舞台がフランスなだけに更にそれが際立って、本当に嫌だったのよね。フランス人のイメージが悪くなりそうよ。
    今回は、前の彼ジャックと別れててそりゃあそうだよな‥と納得するところから始まるんだけど、やっぱりヒロインのマリオン自体が好きになれないんだなぁ‥思いやりが無いんだもん。
    アメリカ人と付き合うの止めた方が良いんじゃないかしら?と思うくらい。
    あぁ、でもミンガス君なら大丈夫かな?

    更に、ヴィンセント・ギャロ役でヴィンセント・ギャロが出てくるんだけど、相変わらず訳解んなくミステリアスで格好良かった♪

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2013/7/17

    舞台がニューヨークだから米国映画と思いきや、フランス出身監督のフランス・ドイツ・ベルギー合作作品。
    ニューヨークの洗練されたオシャレなラブストーリーと思いきや、お下劣辛口ジョーク満載の家族コメディ映画。爆笑の連続。
    最初と最後の映像がとってもほっこりしました。そして内容は、フランスからやってきたおバカな父親に自由奔放な妹に常識皆無な元彼に翻弄されるニューヨーク在住の主人公とボーイフレンドの物語。フランスでは許される?こともニューヨークではいえ日本でも許されないことっていっぱいあるし、言語の違いで言葉がわからないことによる面白さもあり、フランスからやってきた破天荒な3人に巻き込まれて大騒動。
    常識人と思った恋人のミンガスも個室でオバマ大統領の等身大写真に語りかけてぶっ壊れているし、主人公の写真内容は元カレ達とのHな添い寝姿写真ばっかりでコレ買う人いるわけないって思ったり。魂を売る中身がどういうものだったかよくわからなかったのが残念。
    主人公も彼氏もフランスからやってきた3人もみんなちょっと変!でも、それって大げさに示していているだけで誰にでもある部分なのかも。また、お国柄の違い・人種の違いって大きいのかも。私日本人で良かったって改めて思いました。
    呆れる程の下品さあっても、家族・恋人・親子の絆もあって?笑って笑って楽しめる映画です。

    違反報告