ローマでアモーレ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ローマでアモーレ

2013年6月8日公開,101分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ローマを舞台に年齢も性別も異なる男女の4つの物語が繰り広げられる、ウディ・アレン監督によるラブ・コメディ。オールローマロケを敢行し、コロッセオやトレヴィの泉といった数々の観光名所が登場するほか、人気テノール歌手ファビオ・アルミリアートによるオペラの名曲をふんだんに盛り込み、ハッピーな気分にさせてくれる。

予告編・関連動画

ローマでアモーレ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

元オペラ演出家のジェリーは、イケメンイタリア人と婚約した娘に会うためにローマへ。建築家の卵のジャックは恋人の親友である女優モニカの虜に。また、田舎から上京した新婚カップルの前にセクシーなコールガールが現れ、中年男レオポルドはパパラッチに囲まれ、大スターに祭り上げられてしまう。

作品データ

原題
TO ROME WITH LOVE
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
アメリカ=イタリア=スペイン
配給
ロングライド(提供:角川書店、ロングライド)
上映時間
101分

[c]GRAVIER PRODUCTIONS, INC. photo by Philippe Antonello [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2014/6/14

    楽しい映画!
    ホント、観てる途中も観終わった後も
    楽しくって楽しくって・・・
    ローマの4組の男女の話ですが
    どの話も大好きです。
    ハラハラドキドキしたり
    ホロっとさせたりと
    さすがウッディ・アレンですね。
    男女の楽しい愛の話ってウッディ・アレンの得意技!
    まんまとウッディ・アレンにやられました♪

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2013/6/24

    すっかりW.アレンは欧州に拠点を移してしまったなぁ。まぁ、彼の色合いはどこへ行ってもかわらないんですが。常連castよろしく、相、変わらず精神科医やクリエイティヴな職業を取り入れております。彼の作品ってブルーカラはいないよね。
    J.デイビスは嬉しいなぁ。アレンとの夫婦役なので、ちょいちょい皮肉は一言が出て笑える。A.ボールドウィンもそう。
    相手の感情に翻弄されるジャックことJ.アイゼンバーグの度々呆然とする表情はさらに笑える。

    シャワーでオペラはだいぶ無理してますがね。酷いでしょう。枠外でしょう。それでも観衆は拍手喝采!誰かっ。止めてぇ~!!

    都心なのに美しい。ネオンではなく、遺産と共に生きている。便利さより趣に想いを寄せるローマっ子、良いんでない?
    悩める人々をテンポ良く進める今作品。合格!

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2013/6/23

    カミさんのお供で観賞。
    ウディ・アレンさんが監督・出演しているオムニバスラブコメ映画です。
    大物俳優や有名オペラ歌手等の贅沢な人材を贅沢にキャスティングしたウディ・アレンさんらしい作品。勿論、ウディ監督御本人も結構目立つ役で全面的に出演しています。
    結婚する2人とその両家両親の出会いとどたばた騒動、新婚夫婦が都会の親戚に顔見せ上京して偶然に巻き込まれる騒動と夫婦各々の偶然な浮気、平凡で真面目なサラリーマン一家が突然有名人になった時の悲喜こもごも、3つの話が並行して描かれますが、仕立てがシッカリしているので混乱もしません。
    シュールに笑わせてくれる粋なラブコメです。
    “結婚”を知るには良い材料になるかもしれません。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2013/6/20

    ウッディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』『恋のロンドン狂騒曲』と本作でのヨーロッパ三部作が完成しました。まずはおめでとうございます、と祝福したいと思います。
    それぞれに各都市の特徴を盛り込みながら、現代喜劇の真骨頂を目指すという意気込みは買います。
    また出演俳優もことの他豪華で、本作でもペネロペ・クルスを始め、エレン・ペイジなど、本当に使い方がうまいですね。
    テノール歌手ファビオ・アルミリアートによるシャワー室ごと舞台に移す手法は、まさに喜劇王ウッディ・アレンの見せ場であり、その為、この作品では、自身を「舞台演出家」として登場させています。
    さて、翻って、もし監督が、"Tokyo"を撮るとなったら、どういう状況になるでしょうか。日本のお家芸とすれば、能や歌舞伎、また庶民レベルだと、落語や浪曲となるでしょうが、難しいでしょうかネ。また最近のネタとすれば、アニメやメイド喫茶、AKBを盛り込むのかな?舞台は当然、「浅草・東京スカイツリー」になりますね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2013/5/15

    全ての道はローマに通ずるそうですが、全ての愛もローマに通ずる‥のだそうです。

    まぁ、ウディ・アレン作品です。
    雨降って地固まる・・的展開。
    このまま行ったらああなる~~って心配したりハラハラドキドキしたところを、すとん・・と落す。
    ご都合主義だけど、こうなったら良いのに~それじゃあ話にならないんだろうけど~と思ったように展開して来る。
    結構嫌いじゃないのよね。この肩透かし。

    今回は偶像劇ですが、それぞれシニカルで面白いですよ。
    ウディ・アレンらしい作品なので、嫌いな人は嫌いだろうけど。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告