日本の悲劇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

日本の悲劇

2013年8月31日公開,101分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「春との旅」に続き、小林政広監督が再び主演に仲代達矢を迎えたヒューマンドラマ。ある家族の崩壊を通して日本が陥っている“無縁社会の深淵”を描く。共演は「龍が如く 劇場版」の北村一輝、「ぼくはうみがみたくなりました」の大森暁美、「キャタピラー」の寺島しのぶ。

予告編・関連動画

日本の悲劇

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大病を患い入院していた不二男(仲代達矢)が、息子の義男(北村一輝)に付き添われて自宅へ帰って来る。その日は、不二男の妻・良子(大森暁美)の命日だった。手術をしなければ不二男は残り三ヶ月の命だと医師から宣告され、義男は不二男に病院に戻るよう懇願するが、不二男は全く耳を貸さない。義男は突然職を失ったことでうつ病を患い、妻・とも子(寺島しのぶ)と子とも別れ、未だ生活を立て直せず、不二男の年金を頼りに暮らしていた。そんなある日、不二男は自室を封鎖し食事も水も摂ることをやめてしまう。父の狂気に混乱し、怒り、悲しみ、呆然とする義男。一方、不二男の脳裏には義男ととも子、そして孫を交えた平凡だが幸福感に満ち溢れた日々が浮かんでは消えていくのだった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
太秦
上映時間
101分

[c]2012 MONKEY TOWN PRODUCTIONS [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?