わたしはロランス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

わたしはロランス

2013年9月7日公開,168分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

カナダの田舎町に暮らす男性が交際中の女性に、女性になりたいと告白するラブ・ストーリー。監督・脚本は「HEARTBEATS」(未)「マイ・マザー/青春の傷口」(未)のグザヴィエ・ドラン。自身の性別に違和感を持つ主人公を「ブロークン・イングリッシュ」「ぼくを葬る」のメルヴィル・プポーが、戸惑いながらも彼にとって特別な存在でありたいと願う恋人を「マイ・マザー/青春の傷口」のスザンヌ・クレマンが、主人公の母親を「ポルノグラフィックな関係」「勝手に逃げろ/人生」のナタリー・バイが演じている。本作は第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、クィアパーム賞およびある視点部門最優秀女優賞(スザンヌ・クレマン)を獲得した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カナダ・モントリオール。国語教師をしながら小説を書いているロランス(メルヴィル・プポー)は、30歳の誕生日を迎え、交際相手のフレッド(スザンヌ・クレマン)にある告白をする。それは、自分の身体の性に違和感を持っており女性になりたいと思っているということだった。この告白にショックを受けたフレッドは、これまでに二人が築いてきたものが偽りであるかのように思えてしまい、ロランスを非難する。しかしかけがえのない存在であるロランスを失うのを恐れ、フレッドはロランスの良き理解者となることを決意。ロランスに女性の立場からメイクなどについてアドバイスするが、モントリオールの田舎町では偏見を持たれ、彼らに対する風当たりは強かった……。

作品データ

原題
Laurence Anyways
製作年
2012年
製作国
カナダ=フランス
配給
アップリンク
上映時間
168分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2013/9/11

    最初はね、ナレーター風な会話が画像と噛み合わなくて、???なの。
    そしてひたすらフレッドがうるさくて、身勝手なカップル風で。

    そして脈絡もなく突然の告白。
    そこからはひたすら苦悩する二人と周囲。

    ロランスはゲイじゃないよね?
    恋愛相手は女性だもん。ただ、女性の姿になりたい・・ってこと?女装癖とは違うのかな?
    その辺の区別は良く解らないけれど、女性の姿で生きて行こうと決めたロランス。
    そりゃあ、恋人のフレッドはたまりません。
    何、今まで騙してたの?自分は正常であると言うアピールの為のお飾り?って思うのも無理はない。
    でも、そうじゃなくて、ロランスは何だか凄くフレッドに執着している。大好きみたい。
    フレッドが去っても、追いかけて行く。
    可愛い彼女が出来ても‥ね。
    そしてフレッドもロランスが好きで好きでたまらないみたいなのに、去って行く。

    どうして二人が駄目になったのか。どうして去ったのか。
    それが最後の方でやっと明らかにされる。
    ロランスも観客も知らなかった。そしてそうしたフレッドの気持ちが解らなくないから辛い。

    そして、冒頭からの変なナレーターが何か解る。

    現在の、ロランスは堂々としていて、綺麗で。
    そsてフレッドも自分の道に戻り、輝いている。

    そこに来て初めて、2人の出会いを知る。そしてちょっとそんなフレッドを好きになるの。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    eva

    5.0
    2013/9/10

    主演の2人の表情、映像の美しさ、とても繊細で微妙な感情、エネルギッシュな感覚、引き込まれるあっという間の3時間弱でした。
    最後、インタビュアーに向けてロランスが発したひと言に、泣きながら力がみなぎりましたよ。

    違反報告