続・蘭の女 官能のレッドシューズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

続・蘭の女 官能のレッドシューズ

1992年5月23日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

恋人がいながら他の男と関係を持ち自殺した女と、彼女をめぐる2人の男を描いたエロティック・ラヴストーリー。監督は、エグゼクティブ・プロデューサー及び脚本も兼ねる「ナインハーフ」のザルマン・キング、製作はデイヴィッド・サンダースとラファエル・アイゼンマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマーク・デーモンと、脚本も兼ねるパトリシア・ルイジアナ・ノップ。撮影はマーク・レショフスキ、音楽はジョージ・S.クリントンが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

美しい恋人アレックス(ブリジット・ベイコー)が自殺した後、新進建築家のジェイク(デイヴィッド・ダコヴニー)は、遺品の中から日記を見つけるが、そこには彼女の秘密が綴られていた。ジェイクとの生活に満足しながらも、アレックスはある日、工事現場で出会ったたくましい男トム(ビリー・ワース)に惹かれる。靴屋に勤める彼の勧めで赤いハイヒールを買った時から、アレックスはトムとの激しいセックスに溺れるようになる。一方、何も知らないジェイクはアレックスにプロポーズする。やがてトムはアレックスの会社にまで姿を現し始め、アレックスは悩むが、彼との関係を断つことができず、自分に絶望して自殺する。今やすべてを知ったジェイクは、トムに近づいてバスケットの試合を申し込み、彼を叩きのめす。アレックスが死んだことを知って悲嘆にくれるトムを残し、ジェイクはひとり旅立つのだった。

作品データ

原題
The Red Shoe Diary
製作年
1992年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?