ブランカニエベス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブランカニエベス

2013年12月7日公開,104分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

グリム童話の『白雪姫』をモチーフに、“こびと闘牛士団”とともに巡業の旅を送る女性闘牛士の姿を、モノクロ&サイレントのスタイルで描いたダーク・ファンタジー。スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞で10部門を受賞。出演は「テトロ 過去を殺した男」のマリベル・ベルドゥ、本作で映画デビューを飾るマカレナ・ガルシア。

予告編・関連動画

ブランカニエベス

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

少女カルメン(ソフィア・オリア)は天才闘牛士の娘だったが、生まれると同時に母親を亡くし、父アントニオ・ビヤルタ(ダニエル・ヒメネス・カチョ)は意地悪な継母エンカルナ(マリベル・ベルドゥ)と再婚。虐げられた幼少期を過ごしていた彼女は、ある日、エンカルナの策略で命を奪われそうになったところを、“こびと闘牛士団”の小人たちに救われる。“白雪姫(=ブランカニエベス)”という名で彼らとともに見世物巡業の旅に出たカルメン(マカレナ・ガルシア)は、成長すると女性闘牛士としての才能を開花させ、行く先々で圧倒的な人気を得るようになるが……。

作品データ

原題
Blancanieves
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
スペイン フランス
配給
エスパース・サロウ(提供 新日本映画社)
上映時間
104分

[c]2011 Arcadia Motion Pictures SL, Nix Films AIE, Sisifo Films AIE, The Kraken Films AIE, Noodles Production, Arte France Cinema [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2013/12/12

    闘牛士と白雪姫の組み合わせなんてメチャクチャ面白そうと期待して観に行きました。
    サイレント映画のためセリフはなく、字幕も最小限だったため音楽で場面場面の感情を表現していたので、感覚的に楽しめる映画でした。ストーリーも前半から引き込まれ最後まで集中して観れました。ただラストがとても切なかったのでハッピーエンドを期待していた私としては星3つです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告