キューティー&ボクサー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

キューティー&ボクサー

2013年12月21日公開,82分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“ボクシング・ペインティング”で知られる現代芸術家・篠原有司男と彼の妻・乃り子の40年間に亘るニューヨークでの波乱に満ちた結婚生活を綴るドキュメンタリー。監督は、本作が長編映画デビューとなるザッカリー・ハインザーリング。きわめてパーソナルでありながら普遍的な、唯一無二のラヴストーリーへと昇華させた。音楽は「さや侍」の清水靖晃。

予告編・関連動画

キューティー&ボクサー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1932年東京に生まれ、絵具を含ませたボクシング・グローブをはめ壁に貼った紙をボカスカと叩く“ボクシング・ペインティング”で知られる現代芸術家・篠原有司男、通称ギュウチャンは、80歳を超えた今も日本で初めて“モヒカン刈り”にした頃のスピリットそのままに、創作に人生を捧げひた走っている。彼の妻・乃り子は、美術を学びにやってきたニューヨークでギュウちゃんと出会い、恋に落ち、結婚、そして学業の道を捨てた。一男をもうけ、妻であり、母であり、アシスタントであることに甘んじていた彼女は、ある時ついに自分を表現する方法を見つける。それは、夫婦のカオスに満ちた40年の歴史を、自分の分身であるヒロイン“キューティー”に託してドローイングで綴ることであった。かくして夫婦による二人展が企画されることになった。愛、犠牲、歓び、痛み、情熱、失望、老いていくこと、そしてアート。一組の夫婦=二人の芸術家は、そんな永遠のテーマと闘い続けている……。

作品データ

原題
Cutie and the Boxer
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
ザジフィルムズ=パルコ
上映時間
82分

[c]2013 EX LION TAMER, INC. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2018/8/29

    ニューヨークに在住する日本人前衛芸術家・篠原有司男と、その妻でアーティストである篠原乃り子をめぐるドキュメンタリー。完全に共依存。そう思うしかないだろうし現実的にも別れるのは得策ではないのだろうが、乃り子は幸せに見えない。顔に苦労が滲み出すぎていて痛々しい。男が仕事をして女が家事をする、という典型的な古い考えが有司男にありそれに甘えている。女だって仕事がしたいしましてアーティストならお互い世話係が欲しいくらいだろうに。あなたはわたしを無料のシェフで、秘書でメイドだと思っているんでしょう。あなたにお金があったら雇うわよね。でもお金がないからわたしと一緒にいるのよね。こんなこと絶対に妻に言わせてはいけない。全く美談だと思えなかった。 削除

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告