隊長ブーリバ(1962)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

隊長ブーリバ(1962)

1962年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ニコライ・ゴーゴリの原作をウォルド・ソルトとカール・タンバーグが共同で脚色、「恐怖の岬」のJ・リー・トンプソンが監督した文芸スペクタクルもの。撮影は「荒野を歩け」のジョー・マクドナルド、音楽は「青年」のフランツ・ワックスマンが担当、製作は「終身犯」のハロルド・ヘクトである。出演者は「ザーレンからの脱出」のユル・ブリンナー、「硫黄島の英雄」のトニー・カーティス、「勝負をつけろ」のクリスティン・カウフマン、「コンクリート・ジャングル」のサム・ワナメイカーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

多くの種族が大草原ウクライナを手に入れようとして4千年にわたって戦い、きえていった16世紀。ポーランド軍とトルコ軍の戦いの時、優勢なトルコ軍は突如側面攻撃したコサック軍のため全滅した。ポーランド軍司令官グリゴリー王子はコサックの隊長ブーリバ(ユル・ブリンナー)や首領たちに「ウクライナ平原に住ませる」と約束したのを破り、計略にかけようとした。起こったブーリバは王子の右腕を斬り落とし、部下たちと逃げたコサックはウクライナの大平原を自由の土地にすると誓った。年月が経ち、ブーリバにアンドレー(トニー・カーティス)、オスタップ(ペリー・ロペツ)の息子が生まれた。乗馬、剣を覚えた兄弟は「ポーランドに勝つためにポーランドを知れ」と父親の説得でキエフの大学に留学した。アンドレーはポーランド貴族の娘ナタライ(クリスティン・カウフマン)と愛し合うようになった。汚らわしいコサックに誘惑されたナタライの兄は仲間とともにアンドレーにリンチを加えようとして逆に兄弟に刺された。兄弟はキエフを脱走し、ナタライは父の命でデュブノーにやらされた。帰って来た息子のためにブーリバが開いていた祝宴の席にポーランド王から募集兵の通知が届いた。草原の各地から次々と合流した部隊はブーリバ親子を先頭にデュブノー城に進んだ。デュブノー城の指揮官はグリゴリー王子だった。大敗したポーランド軍は城壁内に逃げこみ、食糧不足とペストで市の町と化した。城壁にナタライを見たアンドレーは夜単身侵入し、捕らえられた。ナタライが火刑を宣告された時アンドレーは食用牛の囲い場所を王子に教えて彼女を救ったが、案内役をつとめる我が子を見たブーリバは「大草原を愛するようにお前を愛していた」と叫んで短銃の狙いをつけた。ポーランド軍は全滅し、ウクライナ大平原は自由の土地となった。ブーリバは、息子の死によってもたらされた勝利と平和を、感慨深く味わうのだった。

作品データ

原題
Taras Bulba
製作年
1962年
製作国
アメリカ
配給
ユナイテッド・アーチスツ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?