さよなら、アドルフ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
さよなら、アドルフ

さよなら、アドルフ

2014年1月11日公開,109分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

レイチェル・シーファーの小説『暗闇のなかで』を映画化。終戦後のドイツを舞台に、ナチ親衛隊高官の子供たちが直面する過酷な運命を描く人間ドラマ。監督・脚本は、「15歳のダイアリー」のケイト・ショートランド。出演は、新星ザスキア・ローゼンダール。2013年アカデミー賞外国語映画賞オーストラリア代表作品。

予告編・関連動画

さよなら、アドルフ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年春、敗戦後のドイツ。ナチ親衛隊の高官だった父(ハンス=ヨッヘン・ヴァーグナー)と母(ウルシーナ・ラルディ)が、連合軍に拘束される。置き去りにされた14歳の少女ローレ(ザスキア・ローゼンダール)は、幼い妹、弟たちを連れ、900キロ離れた祖母の家を目指す。終戦を境に何もかも変わってしまったドイツでは、ナチの身内に対する世間の風当たりは冷たく、たとえ子供であっても救いの手を差し伸べる者はいなかった。そんな中ローレは、ナチがユダヤ人にしてきた残虐行為を初めて知る。さらに、ローレたちを助けてくれるユダヤ人青年トーマス(カイ・マリーナ)が旅に加わり、ローレがこれまで信じてきた価値観やアイデンティティが揺らぎ始める……。

作品データ

原題
LORE
映倫区分
PG12
製作年
2012年
製作国
オーストラリア=ドイツ =イギリス
配給
キノフィルムズ
上映時間
109分

[c]2012 Rohfilm GmbH, Lore Holdings Pty Limited, Screen Australia, Creative Scotland and Screen NSW. [c]キネマ旬報社

  • 泉
    3.0
    2014/2/1

    ナチの物語って、めでたしめでたしで終わる事が多い。
    勿論、ただめでたい訳じゃ無く、悲惨で、待ち望んだ終わりでは有るのだけど。そして、いかに悲惨だったかを思い知りながら、その終焉を喜ぶ・・という感じ
    戦争後のユダヤ人の子供のその後は描かれることは有っても、ナチの子供たちの事が描かれることはあまり無い。
    追い詰められるナチの大人たちまでで。
    被害者への配慮も有るのかな。
    徹底して裁かれるナチたちの陰にそれなりに悲惨な末路を辿った子供たちも居る。そこは蓋をしておきたかった部分なのかもしれない。

    これは、主人公がナチ親衛隊の子供たちだから、そうはいかない。
    戦犯として捕らわれて行く大人たち。残される子供たち。
    無理心中した幹部とかも居ただろうけど、この、ローレたちのように、子供だけでぽんとナチへの非難が高まる中に残された子供たちも多かったんだろうな。
    勿論、ユダヤの人々が受けた仕打ちを考えるとその位・・と思えるかもしれない。
    でも子供は親を選べないからね。

    どうなんだろう・・親が捕らわれた子供たちへの措置は有ったのかな。彼女たちは隠れていたからなのかな。

    お嬢さん育ちのローレは幼い姉弟を連れ、遠い祖母の家に行くことを決めるけれど、乳飲み子を抱え、腕白な双子も居て、リーゼルが居なかったら、

    兎に角旅は過酷で、少女は嫌でもしっかりしなくてはいけなくて。
    大人として、妹弟を連れて行かなくてはいけない。
    子供を武器にしたり、少女であることを武器にしたり、必要が有れば、女として・・と言う恐怖と好奇心と覚悟と不安。
    尊敬していた大人が、正しく清い訳では無い事を知ってしううのって辛い。
    子供で居られなくなる。

    そんなローレの表情が凄く良いんだよね。次女のリーゼルも。静かに辛抱強い。ローレ1人だったら無理だったよね。
    どちらにしても、子供たちは気の毒だったな‥

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告