X-MEN:フューチャー&パスト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

X-MEN:フューチャー&パスト

2014年5月30日公開,131分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

突然変異によって特殊な力を身につけたX-MENたちの活躍を描く、大人気SFアクションシリーズの劇場版第7作。人類とX-MENたちの存続をかけ、X-MENが過去と未来で戦いを繰り広げる。ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリーらに加え、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のジェームズ・マカヴォイらも出演。

予告編・関連動画

X-MEN:フューチャー&パスト

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2023年、地球はバイオメカニカル・ロボット、センチネルによって壊滅の危機を迎えていた。プロフェッサーXは袂を分かっていた旧友のマグニートーと手を組み、センチネルの開発が始まった1973年にウルヴァリンの“魂”を送り込もうとする。ところがその間も、2023年ではセンチネルによる攻撃が続き、地球滅亡へのカウントダウンは着実に進んでいく。

作品データ

原題
X-Men: Days of Future Past
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
131分

[c]2014 Twentieth Century Fox. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2014/9/12

    xメンの一つ前は見てないけど、オールキャストで、なかなか楽しめる映画。人間とミュータントの戦いにより終末が来る。これを阻止すべく歴史を帰るんだけど、歴史って変えていいの?
    戦いのシーンがうり。役者なら、ハルベリーかな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    5.0
    2014/6/15

    今までX-MENシリーズは観たことがなく、まったく予備知識のないまま観に行きましたが、とてもよかったです!
    ストーリーもしっかりしてるし、アクションもカッコいいし、観応え充分です。
    X-MENファンにはたまらないだろうし、初めて観る人でも戸惑うことなく入り込めて楽しめます★

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2014/6/6

    【賛否両論チェック】
    賛:桁外れのスケールのアクションを堪能出来る。シリーズファンにはたまらない新作。
    否:シリーズの知識は不可欠。知らないと訳分からないまま終わってしまいそう。静かな映画を観たい方には、当然不向き。

     多種多様なミュータント達が、それぞれの能力を活かして戦う姿はとても魅力的。「自分だったらどの能力がイイか」なんて想像しながら観るのも楽しいかと。アクションも勿論桁外れで、文字通り超ド級です。逆に言うと、かなりゴッチャゴチャしてるので、静かな映画が好きな方に不向きです。
     シリーズの知識も不可欠ですので、もしもご覧になる時は、前のシリーズを観てからの方がイイかと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2014/6/4

    シリーズ全部を見ているわけではなくても何作か見ていると話の流れがわかるようになっています。
    悪い奴はトコトン悪いところが明快。
    今回のことで歴史が変わったらしいので、次回作から全く新しい展開となるのかな・・・?

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2014/6/3

    X-MENシリーズ最新作ってことでかなり期待大!
    ってことで期待しすぎたのかな・・・
    面白かったのは面白かったし、
    132分の上映時間を忘れさせるほど
    さすがに惹きつけられました。
    でも戦闘シーンがかなり少なかったのと、
    つじつまが合わないようなこともしばしば感じたんで
    そんな意味で☆3つになっちゃいました。
    もちろん今作もウルヴァリンが主役なんですが主役っぽくなく
    ミスティークがかなりのメインになっていて
    それがちょっと趣向が変わって良かったですね。
    ・・・なんですが、やっぱちょっと余計な作品になったような気もします。

    違反報告
  • rikoriko2255

    taka_dds

    5.0
    2014/6/1

    なんだかかなりターミネーターなんだけど、まぁそこはそれX-MENという事で(汗)

    1970年代に作られた対ミュータント兵器センチネルは独自の進化を続け、ミュータントどころか人類までも標的にし、世界は終わりを迎えていた。

    「精神だけ」過去に戻す事ができるキティ・プライドは、ウルヴァリンの精神を過去に戻し、センチネル計画を阻止する計画を実行に移す。

    「現在」では和解したマグニートーやわずかに残ったX-MENの精鋭たち(ストーム姐さん相変わらずイイネ!)が次々と倒れてゆく。

    「過去」では前作で袂を分かったプロフェッサーとマグニートーのその後が描かれ、キーパーソンであるミスティークの”気持ち”も相まって複雑に絡まった物語が展開する。

    ところどころにちりばめられたいわゆる「X-MEN」としての設定や、人類史上で起こった事件の裏話などもうまく絡めながら、もう戻らない絶望に満ちた現在を賭けたX-MEN。

    結末は別の時間軸へと移ってゆく訳だが、ウルヴァリンだけが全ての記憶を維持したまま戻ってきた。プロフェッサーが数十年の時を超え「戻ってきた」(プロフェッサーの中の記憶では、その瞬間までは別のウルヴァリンと過ごしてきたわけだ)彼を温かく迎えたシーンが印象的だった。

    ジーンやリーダーの姿も懐かしく、ストーリーもきれいにまとまっていてとても良かったと思う。もちろん数ある時間軸のうちの一つなわけだが、ストライカーに捕まって(?)しまうくだりで、あぁここからアダマンチウムに・・・と言う流れにつなげたのもGOODだと思う。

    総じて見事な出来だと思う。
    ぜひ「字幕版」を観に行きましょう!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2014/5/30

    最近、すっかり「アベンジャーズ」関係のアメリカンヒーローものに飽きてしまいましたが、このX-MENシリーズはスピンオフも含めて大好きなので公開初日に鑑賞しました。
    感想から申しますと「う~んいらなかったかなこの話・・・」といった感じです。無理やり前作のファースト・ジェネレーションに結び付けようとしているためか、展開や設定が許せる範囲を超えてしまって、なんでもありになりすぎています。もともとミュータントものなので、なんでもありなワケですが、度を超えるとしらけてしまいます。また、ウルヴァリンの出番(アクション的)も少なかったことも残念でした。結果、未来を変えてしまう?ことになったようですが、となると今までの話(シリーズ1~3)はどうなるのでしょうか・・・誰か教えてください!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2014/5/30

    何が見所って、まだ、プロフェッサーほどの頼もしさの出ていないダメダメなチャールズです。
    いつかあんなに頼もしくなる為に、あんな頃が有ったんですねぇ・・苦悩しまくってます。

    そして正義感に燃えるミスティーク。彼女とチャールズの絆・・?特別な感じが何とも良いです。
    現在と過去とリンクしながら進む物語。
    過去では協力し合っているけど、やっぱりマグニートーは侮れなくて。
    でも台無しになりそうなウルヴァリンの行動を軌道修正するって意味では彼の無謀さは役に立ったのね。
    大きな賭けだったけど。
    そりゃあまぁ、そうなるだろう・・って予想はつくけど、過去が変わる・・って前振りでは聞いていたけどその産物でああも変わるとは・・
    そりゃあ、浦島気分にもなります。
    私も嬉しい人を見られた♪

    次はどういう方向に進んでいくのか、ますます楽しみです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2014/5/28

    MovieWalkerのジャパンプレミア試写会に当選。
    ありがとうございました。
    カミさん同伴で六本木TOHO入り。生?ヒュー・ジャックマンさんと剛力彩芽さんの舞台挨拶もハイテンション爆笑トークでめちゃくちゃ盛り上がりました。ヒューさんはとにかくSAMURAI撮影で行った「鞆の浦」が余程お気に入りのようで連呼状態。ウルヴァリンと真逆のお茶目さに圧倒されました。
    映像は3D。細かい動きにもブレの無いリアルな奥行き感のある美しい仕上がりでした。色彩的にもセット的にも過去と未来の時代差が出るような工夫が随所に見られました。
    今回の主役はウルヴァリンですが、人類・ミュータント絶滅の危機を救うために精神だけを過去の自分に飛ばして悲劇を防ぐという渋い立ち回りです。ウルヴァリンの不死身の肉体に見合った強固な意志が主に表現されていて、若干、過激バトルアクション抑え目の流れです。
    もう一人の重要なキーマンがミスティーク!彼女の存在と行動が未来を大きく左右しますので目が離せません。人間変身時のジェニファーさんとのギャップも魅力的です。
    他にもお馴染みの面々?が未来や過去に山盛り出演です。
    過去を変え、全ての記憶を持ったまま未来に生き返ったウルヴァリンの見たものは・・・マジ!?
    ずるい!そこまでOKになりますかッ!?という感じです。
    お決まりのエンドロール後次予告的映像も圧巻!また大騒ぎの予感満々です。
    観覧者プレゼントの6枚組みトレカが洒落物。両面表状態のニクい作りで負けました。
    観なければ損する、二度観ないと納まらない、超弩級アクションSF作品です。是非、ご覧ください!

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2014/5/28

    ぶっ飛んでるのにリアルに思ったし
    出演者キャラ濃すぎるのにカッコ良かったし
    強いのにジワ~ときたし
    真面目なのにチョッと笑えたし
    ちょと、せつなかったし
    過去と現在の変化も楽しかったぁ~

    違反報告