家族の灯り|MOVIE WALKER PRESS
MENU

家族の灯り

2014年2月15日公開,91分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヨーロッパの小さな港町。年老いたジェボ(マイケル・ロンズデール)は、妻ドロテイア(クラウディア・カルディナーレ)と義理の娘ソフィア(レオノール・シルヴェイラ)のために会計士としていまだ働き続けている。8年前に失踪した息子ジョアン(リカルド・トレパ)に会いたいと嘆くばかりの妻に、ジェボは何かを隠しているかに見えた。そんなある日、突然ジョアンが戻り、すべてが変わっていく……。

作品データ

原題
O GEBO E A SOMBRA
映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
ポルトガル フランス
配給
アルシネテラン
上映時間
91分

[c]2012 - O SOM E A FURIA / MACT PRODUCTIONS [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?