ダリオ・アルジェントのドラキュラ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ダリオ・アルジェントのドラキュラ
ダリオ・アルジェントのドラキュラ

ダリオ・アルジェントのドラキュラ

2014年3月8日公開,110分
R18+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「サスペリア」「フェノミナ」などのイタリアンホラーの巨匠ダリオ・アルジェントが、ブラム・ストーカーの古典小説『ドラキュラ』を映画化。美女を襲うドラキュラ伯爵と吸血鬼研究者ヴァン・ヘルシングの対決を描く。出演は「ワルキューレ」のトーマス・クレッチマン、「サスペリア・テルザ 最後の魔女」のアーシア・アルジェント、「ブレードランナー」のルトガー・ハウアー、「チェ 28歳の革命」のウナクス・ウガルデ。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1893年、トランシルヴァニア。ジョナサン・ハーカー(ウナクス・ウガルデ)は、妻・ミナ(マルタ・ガスティーニ)の友人ルーシー(アーシア・アルジェント)にドラキュラ伯爵(トーマス・クレッチマン)の家での図書館司書の仕事を紹介してもらうため、パスブルクという小さな村を訪れる。数日遅れてミナもパスブルクに到着するが、夫は数日間戻って来ないことを知る。だがそれは美しいミナを手に入れようと企むドラキュラ伯爵の罠だった。彼は、ルーシーとタニア(ミリアム・ジョヴァネッリ)を仲間にし、ミナを伯爵邸へと誘い込む。一方、不思議なことが相次いでいる村の噂を聞きつけた吸血鬼専門研究者ヴァン・ヘルシング(ルトガー・ハウアー)は早速村へと向かい、ミナを、そして村の平和を守るため、ドラキュラ伯爵と壮絶なバトルを繰り広げることになる……。

作品データ

原題
DRACULA 3D
映倫区分
R18+
製作年
2012年
製作国
イタリア=フランス=スペイン
配給
アンプラグド(提供 日活)
上映時間
110分
製作会社
Enrique Cerezo Producciones Cinematograficas S.A.=Film Export Group=Les Films de l'Astre

[c]2012 MULTIMEDIA FILM PRODUCTION s.r.l. - ENRIQUE CEREZO P.C. s. a. All Rights Reserved. 2012 MULTIMEDIA FILM PRODUCTION s.r.l. - ENRIQUE CEREZO P.C. s. a. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?