バイロケーション 裏|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バイロケーション 裏

2014年2月1日公開,121分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

自分と全く同じ姿形の存在と遭遇するという、世界中で実在報告されている怪奇現象“バイロケーション”。もしその存在が自分の命を狙ってきたら?という恐怖を描き、第17回日本ホラー小説大賞長編賞に輝いた法条遙の同名小説を映画化したサスペンス・ホラー。「バイロケーション 表」とは結末が異なる別エンディング・バージョン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

忍はある日、スーパーでニセ札使用の容疑をかけられる。10分前の防犯カメラ映像には確かにいるはずのない自分の姿が映っていた。警察に連行された忍は刑事から、自分と同じ容姿で全く別の人格を持つもう1人の自分、“バイロケーション”なる存在がいることを知る。しかも、それはオリジナルを必ず殺しに来るのだと告げられる。

作品データ

原題
BILOCATION
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
121分

[c]2014「バイロケーション」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/2/4

     結論から言うと、ほぼ【表】と同じです。本当に最後の最後だけ違います。あ、あと主題歌が違います(笑)。個人的にはこっちの終わり方の方が好きです。
     なので、【表】編の知識がなくても大丈夫です。気になった方は是非観てみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2014/2/1

    「表」が面白かったので「裏」も鑑賞
    話は「表」とまったく同じで、最後が、ほんの少し違うだけでしたが、この、ほんの少しが鑑賞し終わった後味を変えました。
    何だが前向きになれる終わり方でした。

    人生って、どちらかを選ばなければならない事って沢山ありますよね。
    その選択で大きく人生が変わっていく…
    運命なんでしょうけど…
    何かを創り出そうとする人は、色んな経験をして、色んな感性をみがいた方が良いのでは…
    一つの事だけに集中するのではなく…

    違反報告