ダブリンの時計職人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ダブリンの時計職人

2014年3月29日公開,94分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ホームレスとなり失意のまま故郷であるアイルランドのダブリンに戻った時計職人が、青年やピアノ教師と不器用ながらも交流し心の再生をしていく、ハートウォーミングなドラマ。監督はドキュメンタリー出身のダラ・バーン。仕事も家も失った中年男性を「沈黙の戦艦」やドラマ『スター・トレック』シリーズに出演しアイルランドだけでなく広く親しまれているコルム・ミーニーが、失意の彼と親交を持つ心に傷を持つ青年をドラマ『魔術師マーリン』で主人公を演じたコリン・モーガンが、中年男性が一目惚れをするピアノ教師をフィンランド出身のミルカ・アフロスが演じている。2011年ブリュッセル映画祭にて観客賞を受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリスのロンドンで働いていたが、失業し、故郷のアイルランド・ダブリンに戻ってきた時計職人のフレッド(コルム・ミーニー)は、ホームレスになったという現実を受け止めきれずに失意の日々を過ごしていた。カハルという青年と知り合ったことをきっかけに、自分の新たな一面に気付き、次第に前向きになっていくフレッド。しかしたまたま行ったスイミングプールでピアノ教師のジュールス(ミルカ・アフロス)に一目惚れし、何もない我が身との境遇の差を気にし始めてしまう。そんな彼をカハルは励まし、フレッドはジュールスと会うために水泳教室に通うことにする。一方カハルは一見明るく振る舞っているが、過去のある出来事により深く傷ついている様子だった。そしてカハルは過去の因縁から麻薬をめぐるトラブルに巻き込まれてしまう……。

作品データ

原題
Parked
製作年
2010年
製作国
アイルランド フィンランド
配給
アップリンク
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2014/5/1

    不況による社会問題なのかな・・
    失意の中故郷に戻っても住む所が無い中年男性。
    時計職人らしい細やかな神経。
    車での生活は勿論惨めではあるんだろうけど、くたびれた感は無くきちんとした生活を送っている。
    彼が出会う人たちが良い。
    まずカハル。どうしようもない若者。なんだけど、新しく一歩を踏み出さなくてはいけないフレッドにとっては凄く影響を受ける存在。
    彼自身はきっと繊細で良い子なんだろうけど、弱い。
    彼にもフレッドとの出会いは大きかったと思う。
    そしてジュールス。
    彼女も実は立ち止まったままなのよね。フレッドに出会って、歩き出すきっかけになった。

    思った以上に切ないんだけど、カハルの父親も後悔の中で、息子の傍に息子をそう言う風に言ってくれる人が居たことは救いだっただろうな‥
    仲直りできなかったけど、嫌われていなかったことは伝わったんじゃないかな・・

    良い映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2014/4/12

    邦題のダブリン~、記憶が正しければ、ダブリンに海あったっけ?川は中心地に流れてますが。

    主に海岸の駐車場周辺ばかりで、ダブリンの中心地あるいはエメラルドと称する国の緑の豊かさがあまりないので、ダブリンと言われてもピンとこず。なんで、この邦題なんでしょう。

    車上生活はホームレスに限りなく近いようだが、フレッドはさすが職人、すこぶる几帳面。堕落することなく、身ぎれいにし、生活サイクルも乱さない。

    イングランドでリストラ。失業保険も払っているのに、この様。お役者は、仕事しねぇなぁ。

    同じく車上生活カハル。本来は良い奴。父親との関係で、ドラッグが立ち切れない。父親からの少しの優しさがあれば、きっと変われた。まだ若いのに、想像できる結末。

    職人として十分な技術があるのに、こんな状況。アイルランドの殺風景さがより、彼らの日常に悲しさを醸し出す。シェルターに入っても、その後は?失業者にとって問題は山積み。

    違反報告