イン・ザ・ヒーロー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

イン・ザ・ヒーロー

2014年9月6日公開,124分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

特撮ヒーローものやアクション映画になくてはならない存在“スーツアクター”。普段はスポットの当たらない彼らの生き様に迫る、唐沢寿明主演の人間ドラマ。実際にスーツアクター経験のある唐沢が主人公に扮し、高さ8.5mからの落下や、炎に包まれながらの忍者100人斬りに挑戦するなど、まさに体を張った演技を披露する。

予告編・関連動画

イン・ザ・ヒーロー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

本城はキャリア25年を誇るスーツアクター。顔出しで映画出演することを夢見ながらも、新人にその座を奪われるなど、苦難の日々を送ってきたが、ついに彼にもチャンスが訪れる。ハリウッド映画のアクション大作からオファーがかかったのだ。命を落としかけない危険なスタントに、周囲の制止もあったが、本城は夢をかなえるために挑む。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
124分

[c]2014 Team REAL HERO [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2014/9/12

     はじめは観に行く予定ではなかったのですが、皆さんのレビューを読んで観に行ってみました。細かいことはなしにしてよい映画でした。昔からある「あつい!」映画ではありますが、こういうのいいですね!自分も年をとったせいか、なぜか熱いシーンになると涙が自然と流れてしまいました。唐沢寿明さんの元祖スーツアクターを活かしたアクションも最高でしたし、個人的には松方弘樹さんが実名役で出ていることがうれしかったです。本当に元気をもらいました。このような映画は必要ですね!最後にエンドクレジットの唐沢さんのスースアクター時代と思われる写真は必見です!

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/9/8

    【賛否両論チェック】
    賛:「夢を信じて挑み続ける」というストレートなテーマを、分かりやすく体現。アクションも本格的で、ラスト20分の大立ち回りは一見の価値あり。
    否:展開はややご都合主義か。若干の出来すぎ感が否めない。

     まず何といっても、主人公のキャラクターが熱くてメッチャカッコイイです。他人の夢を笑わず、自らも夢を叶えるために努力を続ける姿に、心打たれます。劇中でもやりとりがありますが、確かに叶わない夢もあるかもしれない。それでも、誰かに夢を与えられる存在になろうと頑張る主人公が、ステキすぎます。
     そして、ラストの100人斬りのアクションシーンは必見です。生身のアクションでしか出せない究極の迫力が、観る者を圧倒します。吉川晃司さんの主題歌も、内容に見事にマッチしていて、感動をより際立たせます。
     夢に向かって頑張る全ての方に、是非ご覧になっていただきたい作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2014/9/7

    唐沢さん主演の映画は初めて見た。
    とりあえず、唐沢さんが若い。
    蒲田行進曲を髣髴とする、スクリーンの向こう側の縁の下の力持ちのお話。
    誰かを誘って見るのに向いている。少なくとも顰蹙を買うことにはならないと思う。
    何だかメデタシメデタシしてしまうところはどうかなぁ。
    アクションシーンは派手。アクションとわかっているとアクションシーンが得意でないけれども不安な気持ちにならない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/8/25

    スタントマン魂・チームワーク・夢を追いかけることの素晴らしいさなどを教えてくれる映画!?
    どこか暖かさがあるからみんなついてくるし何かが変わる。
    生意気な人気若手俳優もいつの間にか..............................。

    それにしてもスタントマンって、ホントご苦労様ですよね。
    火だるまのシーンではどうなるかと思ったけど、家族の絆も取り戻せてめでたしめでたし!!

    違反報告