バンクーバーの朝日|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バンクーバーの朝日

2014年12月20日公開,132分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

差別や貧困をものともせず、フェアプレーの精神で戦い、03年にカナダ野球殿堂入りした実在の野球チーム、バンクーバー朝日軍の知られざる姿を描く人間ドラマ。その戦いぶりで人々に勇気を与えていく野球チームのメンバーを妻夫木聡、勝地涼のほか、亀梨和也、上地雄輔といった野球経験者が演じる。監督は『舟を編む』の石井裕也。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見て、カナダへ渡っていった。ところが、そこで彼らを待ち受けていたのは、差別に過酷な肉体労働、貧困という厳しい現実。そんな中、日本人街で野球チーム、バンクーバー朝日が結成される。常にフェアプレーの精神で戦う彼らの姿勢は、日本人だけでなく、白人たちからも称賛されるようになっていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
132分

[c]2014「バンクーバーの朝日」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    2.0
    2020/7/19

    バンクーバーの素人野球チーム「朝日」が、差別にもかかわらず、ついに優勝を遂げ、カナダの野球殿堂入りすることになりました、というお話です。

    たぶん、このあらすじを聞いて、だれもが想像できる通りのお話です。
    既視感の山。
    あまりにもシナリオライターは調査不足です。

    単に原作をなぞるのではなく、作者や周辺の人々を徹底的に調査すれば、珠玉のエピソードが次々に発掘できるであろうネタなのに、なんなのこの手抜きシナリオは。

    野球シーンが、輪を掛けてヘナチョコなものだから、目を覆うしかありませんでした。

    なぜイチローを主演させなかったのか。
    と、ムリは承知なのですが、この話であっても、イチロー主演であれば、ぜんぜん違う、迫真の話を撮れたと思うのですけどね。

    ほんとうに残念すぎる作品となってしまいました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2015/1/17

    カナダの日系移民社会。
    あんなに苦労して苦労して、やっと認められかけていたのに、何とも報われないなぁ。。。
    あの戦争の真の原因はいったいなんだったのだろう?
    そこを描いた映画を作ってほしいと思った。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/1/9

    企画協力をしている テッド・Y・フルモト氏は、「バンクーバー朝日」の研究と執筆をしている。

    彼が書いた「バンクーバー朝日」と言う本は、小説とは言い難い。記録日誌のようなのだが、それでもかなりドラマティックだ。
    恐らく、この映画のどの登場人物たちよりも、皆ドラマティックな人生だと思う。

    戦争の影響をもろにかぶったり、差別を受けたり。何よりバント主体の「スモールベースボール」で白人を翻弄したリ・・って言う部分は実在の朝日そのままだけど。

    勿論、本当の初代朝日をそのまま映画にしたら、この枠には収まらなかったと思う。
    ただ、興味を持ったら、読んでみて欲しい。
    小説としては拙いし、野球を知らなければ、言わんとして居ることが何なのか、理解し難いと思うし、理不尽な事が多すぎるけど。
    それでも、凄いよ。
    片腕のピッチャーとか、夜中の倉庫での練習とか、指導者の思いとか、日本遠征とか、引き際とか。
    そう言うのを足したり引いたりして無難に作り上げたのがこの映画だと思う。

    野球的には突っ込みたいこといっぱいだけどねぇ。
    まぁ、何考えているかよく分からないレジーが野球できれば幸せ・・って言う気持ちは凄くよく分かったな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2015/1/3

    差別のなかで、日本人どうしの絆を深めたであろう野球チーム
    その存在を輝かせることによる其処にいる意味
    バンクーバーの日本人の励みになったことでしょう
    私達はスポーツに励まされ、希望や勇気を貰える
    でも、戦争はすべてを消してしまう
    スポーツの健全な戦いだけなら、世界は平和になれる気がするのに…
    殿堂入りした存在
    生きるって、つらいけど素晴らしい

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2015/1/2

    妻夫木聡に関しては、コメディーからシリアスものまで、いろいろ観ているけど、たぶん彼らしい役としては、これですね。つまり、何をやっても報われない、不条理な役。『涙そうそう』がそうでしたね。ああいう感じが良く出ています。
    他の出演者としては、亀梨和也が良いですね。あの目力には多くの女性が魅了されるでしょう。上地雄輔も『漫才ギャング』とは違ったキャラクターで楽しめます。
    池松壮亮も、最近やたら出てるけど、やはり女性に受けるんでしょうね。新しいスターの誕生として素直に喜びましょう。
    勝地涼には、これまでどれだけ助けられたか分かりません。
    女性陣がやや不満かな。高畑充希も良いのだけど、良い子過ぎて。宮崎あおいや貫地谷しほりもカメオ出演みたいで残念。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2014/12/24

    【賛否両論チェック】
    賛:差別や迫害の中でも、決してそれに屈しない姿勢と、彼らに感化されて変わっていく人々の姿が清々しい。
    否:野球に興味がないと、結構退屈かも。史実であるが故の終わり方も、好みは分かれそう。

     差別や迫害という、かつて実際にあった悲劇を生々しく描きながらも、それに屈することなくひたむきにプレーを続ける主人公達の姿は、観ていて胸にこみ上げるものがあります。そして、そんな彼らのプレーがきっかけとなり、白人の人々の心の壁が少しずつ取り払われていく様子も、感動を呼びます。反面、そうして人々の希望になったバンクーバー朝日にも、〝戦争”という避けられない残酷な現実が迫りくる様も、深く考えさせられるところです。
     野球が好きではないと少し退屈かもしれませんが、実話ベースの感動作です。是非ご覧下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2014/12/16

    白人の差別って黒人だけじゃないんですね。
    日本人もあんな差別されたなんて.........................。
    もっと感動的なところがあると思ったけど、思ったより退屈だった。
    野球が好きじゃないからかな???
    豪華キャストのわりに生かされてなかった気が!?

    違反報告