パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

2014年7月11日公開,122分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

天才ヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニと彼の人生を変えた2人の人物との出会いを描く人間ドラマ。天才的な腕前を持ちながら誰にも認められずにいたパガニーニが、敏腕マネージャーとその娘である歌手との出会いを通して、人間的に成長していく姿を描く。ドイツ人ヴァイオリニストのデイヴィッド・ギャレットが主演を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

売れないヴァイオリニストのパガニーニはある日、その腕前をウルバーニという男に見出される。ウルバーニは“悪魔に魂を売り渡した”などセンセーショナルな売り文句で人々の好奇心をかき立て、パガニーニは一躍有名に。成功を収めるが、パガニーニは酒に女、そしてギャンブルに溺れ、ウルバーニもコントロールできなくなっていく。

作品データ

原題
Der Teufelsgeiger
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
ドイツ
配給
アルバトロス・フィルム=クロックワークス
上映時間
122分

[c]2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film / Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    keicyacom

    5.0
    2014/8/26

    子供のころから、バイオリンの演奏と作曲の能力を持っていたパガニーニ。しかし、その斬新さは、誰にも認められず、やがて、胡散臭いが、敏腕なマネージャーに見いだされる。彼自身の心の弱さや、社会性のなさのせいで、唯一の純愛さえも貫くことができず、音楽家として、評価されるようになった後も、彼自身を滅ぼしていく。

    主人公を演じているのが、ドイツ人のバイオリニストということで、本人の演奏には、感動してしまった。とかく、この手の映画は、口パク的なところがあるが、本作は、演奏や歌のできる俳優たちが、重要な役どころを演じているので、美しい音楽映画になっていると思う。その点で、見終わった後に、余韻に浸れた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2014/7/20

    予告を何度も目にし、この映画の主演で製作のD.ギャレットがコンサートをやるっていうので、にわかファンとして何とか間に合う。弦楽器って、クラシックはもちろん、現代の名曲というロックにも溶けこむ。素材が良いから、素晴らしいんだが、D.ギャレットの素晴らしき才能が人を惹きつけるように、パガニーニもそうだったのだろうと、重ねてマジ、見れた。

    ものすごい指の感覚。ソリストだから、一分も乱れたら、OUT。そもそも、そんなころは絶対ないんだけど。

    で、映画である。彼の演技ではなく、やはり彼の演奏でしょう。これが俳優であれば、パガニーニの人生に比重を置けるが、一流のヴァイオリニストが演じているんだから、演奏を見ちゃうでしょう。パガニーニは、観客を魅了させ、また私生活も乱れており、びっくりは息子がいたのか、しかもシングルファザーか。ほとんど家にもいないのに、よく懐いている。音楽家として、いかに人生を開花させていたかに焦点を当てているので、その当たりは割愛。

    演奏シーンを眺めていたいのだが、シャーロットとの共演、アリアが随所に出てきて、映画はそちらが印象に残る、良いのかしら。彼の演奏は予告の方が印象とインパクトがあるかな。

    しかし、どの時代も音楽は魅了する。当時、パガニーニも、アイドル的な感じです。皆が彼のいるところに詰めかけ、音楽を聞けば、失神する人多し。うん、アイドル。

    観終わった人は、D.ギャレットのCDをチェックする率が高い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2014/7/16

    凄いな。ヴァイオリニストというよりエンターテイナーなのかな。
    普段はダメダメだけど、演奏している時は本当に格好良い。
    演じているのが本物のヴァイオリニストだと言うのがまた良いのかも。凄く様になっている。
    あんな演奏されたら、そりゃあ惚れるわ・・って思うんだけど、公園でひっそり練習している姿も良い。

    普段メタメタなのは病気のせいとその治療薬として愛用していた水銀のせいだとも言われているし、色々謎も多い人。

    でも楽器が出来る男はそりゃあモテるよね。ずるいわ。

    この監督の『不滅の恋 ベートーヴェン』も大好きなのよね~監督ロマンティストなのかな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2014/7/14

    不覚にも映画の途中で拍手したくなってしまった場面がある。それは英国国王が現れた時の英国国歌のヴァイオリンソロ。

    違反報告