トカレフ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トカレフ

2014年6月7日公開,98分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ソビエト製の拳銃“トカレフ(TT-33)”によって何者かに娘を殺害された父親の復讐劇を描くサスペンスアクション。出演は「ゴーストライダー」シリーズのニコラス・ケイジ、「G.I.ジョー」のレイチェル・ニコルズ、「リーサル・ウェポン」シリーズのダニー・グローヴァー、「ファーゴ」のピーター・ストーメア。監督は『最終爆笑計画』の脚本を担当したパコ・カベサス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

犯罪に手を染めていた過去を清算したポール・マグワイア(ニコラス・ケイジ)は、妻ヴァネッサ(レイチェル・ニコルズ)、娘ケイトリン(オーブリー・ピープルズ)と共に幸せな生活を送っていた。だが、ソビエト製の拳銃トカレフ(TT-33)によって娘が何者かに殺害され、その途方もない哀しみは歯止めのきかない怒りへと変わっていく。復讐心に燃えるポールは、昔のギャング仲間と共に娘を殺害した犯人を探し始める。そんな中、ロシアマフィアが娘の殺害に関与している事を聞きつけたポールたちは、壮絶な復讐劇を開始。トカレフに秘められた謎、張り巡らされた罠、躍動する狂気……娘の死の背後に潜む驚愕の真実が明らかになった時、闇に葬り去ったはずの“悪”がポールの中に甦るのだった……。

作品データ

原題
TOKAREV
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
アメリカ=フランス
配給
クロックワークス
上映時間
98分

[c]2014 Tokarev Production, Inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2014/7/1

    【賛否両論チェック】
    賛:自らの過去の浅はかな行動や、怒りに任せた場当たり的な行動が、全て自分に返ってくる描写が見事。
    否:「自業自得でしょ?」と思ってしまうと、結構興冷めか。主人公に感情移入はしづらい作品。グロシーンも結構あり。

     まさに、「身から出た錆」という言葉がピッタリな映画です(笑)。過去にやった悪事や、怒り任せの言動。家族を守るためとはいえ、自分がやった行いは全て自分に返ってくる。他人を傷つければ傷つけられ、他人を殺せば殺される。そんな教訓を得られるくらい、ある意味非常に分かりやすい展開とも言えそうです。
     終わり方も好みは分かれそうですが、反面教師としてはスゴくイイ終わり方な気がします。
     サスペンスの要素も含まれていますので、事件の真相を推理しながらご覧になるのもイイかと思います。

    違反報告