Z ゼット 果てなき希望|MOVIE WALKER PRESS
MENU

Z ゼット 果てなき希望

2014年7月26日公開,109分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

相原コージの漫画『Z~ゼット~』を「リング0 バースデイ」など数々のホラー映画を手掛けてきた鶴田法男監督が映画化。パンデミックによりゾンビが大量発生した世界を舞台に、生き残りを賭けた少女たちの戦いを描く。出演は「ハイキック・エンジェルス」の川本まゆ、「ちょっとかわいいアイアンメイデン」の木嶋のりこ。

予告編・関連動画

Z ゼット 果てなき希望

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女子高生のあかり(木嶋のりこ)は、幼なじみの親友・恵(田中美晴)に失恋を打ち明けていた。だが、他愛のない会話に興じていた2人の日常が突然、一変する。釣り人に襲いかかった男が、続いて2人にも迫ってきたのだ。絶体絶命の危機を救ったのは、1人のアイパッチ少女(川本まゆ)。凛子という名のその少女はナギナタを振りかざすと、生ける屍“Z”を真っ二つに斬り倒す。しかし、Zは頭部を破壊しても、手足だけになっても襲い掛かってくる。3人はあかりの姉で妊婦の香澄と合流。病院の最上階へ避難するが、その途中で恵が地下に転落してしまう。最上階には屈強な男・山下、公務員の平ら6人が先に避難していた。絶望的な閉塞感の中、次第に剥き出しになって行く人間性。香澄の死を賭した出産、隔絶された最上階でのソンビ化の謎、ゾンビがこの中にいるのか!?疑心暗鬼が渦巻く中、果たして香澄は無事に出産できるのか!?3人の少女と生まれてくる命の運命は……!?

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
日本
配給
エスピーオー
上映時間
109分

[c]2014 相原コージ/日本文芸社・エスピーオー [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?