マイ・ブラザー 哀しみの銃弾|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾

2014年7月19日公開,127分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランスの俳優ギョーム・カネが、2008年に主演した「Les liens du sang」を自らの監督で英語リメイクした犯罪サスペンス。ニューヨークを舞台に、犯罪に手を染めた兄と刑事の弟の葛藤を描く。出演は「シャドー・ダンサー」のクライヴ・オーウェン、「パブリック・エネミーズ」のビリー・クラダップ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1974年、ニューヨーク。殺人事件で服役していたクリス(クライヴ・オーウェン)が、7年ぶりに刑務所を出所する。冴えない表情で迎えに来たのは、弟のフランク(ビリー・クラダップ)。性格が正反対な2人はその生き方も全く異なり、犯罪に手を染め続けた兄とは対照的に、フランクは優秀な警察官になっていた。フランクは出所したクリスを自分の家に住まわせ、仕事を探し、別れたクリスの妻モニカ(マリオン・コティヤール)や子供たちとの復縁を手助けするなど、心を入れ替えた兄を受け入れようとしていた。だがそんなある日、過去の犯罪歴がバレたことでクリスは失業。自暴自棄になってしまう。クリスのためにと尽力していたフランクは、その姿に苛立ちを覚え、歩み寄りかけていた2人の間の溝は再び深まってゆく……。さらに、万事うまくいかないクリスの元に、かつての犯罪仲間から再び仕事の話が舞い込む。弟や父レオン(ジェームズ・カーン)からの期待との間で葛藤しつつも、再び犯罪に手を染めてゆくクリス。一方、フランクは次々に起こる凶悪事件を担当していたが、ようやく犯人を追いつめた先にいたのはクリスだった……。

作品データ

原題
BLOOD TIES
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
フランス=アメリカ
配給
シンカ(提供 アース・スターエンタテイメント)
上映時間
127分

[c]2013 - copyright:Les Productions du Tresor - Caneo Films [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?