デビルズ・ノット|MOVIE WALKER PRESS
MENU

デビルズ・ノット

2014年11月14日公開,114分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

93年にアメリカの田舎町で起きた少年を狙った猟奇殺人事件“ウエスト・メンフィス3事件”。発生から20年以上経ったいまも真相が明かされていない未解決事件を、カナダの名匠アトム・エゴヤン監督が映画化したサスペンス・ミステリー。コリン・ファース、リース・ウィザースプーンら実力派が多数出演し、物語に説得力を吹き込んでいる。

予告編・関連動画

デビルズ・ノット

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

93年初夏。ウェスト・メンフィスで、少年たちが手足を靴ひもで縛られ、体には人間の所業とは思えない暴行の痕を残し殺されるという猟奇事件が発生する。その異常さゆえに全米のメディアから注目を浴びる中、警察は16〜18歳の若者3人を犯人と断定し逮捕する。ところが、私立探偵のロンは事件の成り立ちに不自然さを覚え、独自に調査を開始する。

作品データ

原題
DEVIL'S KNOT
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ
上映時間
114分

[c]2013 DEVILS KNOT LLC, ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2019/7/11

    映画なりの演出はあるでしょうがドキュメンタリーを見ているような気になってしまいます。何故こんなずさんな捜査が行われていたのか不思議です。
    ダミアンは支援者の女性と獄中結婚したそうですが18年服役し司法取引で釈放。無罪を訴えながら有罪のままだとか。
    3人の少年が亡くなった事実だけは変わらないので辛いですが劇中のロンのセリフ「また3家族が子供を失う」事は避けられました。
    ダミアン役のジェームズ・ハムリックがとても端正な美少年でした。髪の色が途中で変わった気がしましたが気のせいでしょうか?

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/11/19

    1993年に起きた「ウエスト・メンフィス3事件」を映画化した物です。今まで沢山のドキュメンタリーで語られています。
    仮釈放された容疑者たちを沢山の著名人が擁護しています。

    真実がどこにあるのか、解りません。
    3人の容疑者たちはもしかしたら本当に犯人なのかもしれない。
    だけど、ちゃんとした証拠を持って裁かれる権利がある。
    彼らはもしかしたら犯人では無いかもしれない。だとしたら、本当の犯人を見つけなければ被害者の少年たちが浮かばれない。

    少なくとも、彼らを犯人と判断した証拠は決定的ではない。
    なのに何でまかり通ったんだろう。

    快楽殺人なら、同様の事件が周辺地域で起こっていると思うんだよね。
    そうじゃないなら、一人だけ酷い暴行を受けていた少年・・彼を狙った・・と考えるのが普通だよね。

    私はこの事件が有った年の秋に男の子を産んでいる。
    その子が8歳で帰らなかったとしたら、耐えられない・・パムの気持ちが良く解る。

    20年経った今更遅いのかもしれない。だけど、出来る事なら犯人を見つけて欲しい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2014/11/17

     1993年にアメリカの田舎町のウエスト・メンフィスで実際に起こった少年3人が犠牲になった猟奇殺人事件で発生から20年以上が経った今も真相が明らかにされていない未解決事件を「スウィート ヒアアフター」のアトム・エゴヤン監督が映画化。「さすが」の演出で約2時間緊張感が途切れることなく展開します。実際に「未解決」なので最後まで真相は観客の判断に委ねられますが、「一番怖いのは人である」ことが明確に描かれています。内容から誰にでもお勧めできる映画ではありませんが、少なくとも映画ファンの方にはオススメの1本です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2014/11/15

    8歳の少年らが遺体として発見されるまでのゾクゾク感、映画冒頭1/3が面白い。

    こういう事件でさえも、結末がいまだグレーという、踏ん切りがつかない。人間の心理は白黒はっきりできないことを象徴しているかの様。

    決定的な証拠がない、事件に関与する人間の言っていることに確信がない。
    警察の詰めの甘さ。遺族は発狂しそうだ。少年たちは幼い故、抵抗もできず、無残すぎる死。

    本当に若者3人でなかったら?初めは殺人罪であろうとも、注目されていることに酔い、傲慢な発言をするが、いよいよ死刑の判決の時に、すでに時遅し。ダミアンの悪ぶっていた姿から顔面蒼白。いろんな人物が怪しく、未だに解決できないなんて…本当の犯人はぬくぬく生きていたら、恐ろしいどころではない。

    R.ウィザスプーン、背中から腰回りが逞しい。役作りで宜しいでしょうか。

    犯人がずばり確定して本当に終焉して欲しかった。実話だから本当にぞっとする。A.エゴヤンはこういう作品も生むのですね。ちょっと意外。

    違反報告