マダム・マロリーと魔法のスパイス|MOVIE WALKER PRESS
MENU
マダム・マロリーと魔法のスパイス

マダム・マロリーと魔法のスパイス

2014年11月1日公開,122分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

南フランスを舞台に、100フィート(=約30メートル)隔てた真向いにある2つのレストランの間で起きる衝突を描いたベストセラー小説を、名匠ラッセ・ハルストレム監督が映画化したヒューマンドラマ。フランス料理店の名物女店主がライバルのインド料理店の息子が作る料理と出会い、変わっていく姿を名優ヘレン・ミレンが体現する。

予告編・関連動画

マダム・マロリーと魔法のスパイス

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南フランスのとある町にあるマダム・マロリーが経営するフレンチ・レストランはミシュラン1つ星の名店。ところがある日、その真向いにインド・レストランが開業。穏やかな雰囲気で食を楽しむマロリーの店に対し、インド料理店では賑やかな音楽が流れており、両者は相いれない雰囲気に。ところがとある事件を機に打ち解けていく。

作品データ

原題
THE HUNDRED-FOOT JOURNEY
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
上映時間
122分

[c]2014 DreamWorks II. Distribution Co. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • seapoint
    seapoint
    4.0
    2014/11/8

    H.ミレン扮するマダム・マロリーよりハッサンの著しい成長過程の映画。

    インド人=カレー及びスパイスが固定観念。実際、旅行先でもインド人はローカルフードよりインドレストラン利用が多い。他のジャンルの料理なんか食べるんだろうか。「ミリオンダラー・アーム」ではピザを食べていたので受け入れは可能と察する。

    ここでびっくりなのはハッサンがフレンチを極めるってこと。昔から料理のセンスはあるが、そこでイチから美食大国フランスで挑戦。
    インドでよく使われるスパイスを+@にして新しいフレンチを生み出す。エル・ブリのようなとても近未来的。

    パリで有名になり、顔つきまで精悍。日本人だってフレンチで権威ある称号を得ている人もいるが、なにせインド人。日常に食べることすら、他の食文化入っていたとは思えないもの…

    家族、特に父親のGO・GO精神はいいね!お金はここぞという時に使う。ハッサンの料理も大事だけど、家族の柱は間違いなく父。

    こんなにお隣が強烈なのでH.ミレンもってしても歯が立たぬ。食文化は奥深い。終わりのない挑戦可能な世界。うん、このストーリー、三ツ星!

    違反報告
  • 門倉カド(映画コーディネーター)
    門倉カド(映画コーディネーター)
    4.0
    2014/11/7

    【賛否両論チェック】
    賛:最初はいがみ合っていた2つの店が、次第にお互いに心を開いていく様子が、観ていて清々しい。主人公の人柄にも好感が持てる。
    否:料理のシーンが多いので、少し退屈しそう。後半はやや蛇足感もあり、途中で飽きてしまうかも。

     最初は食材を買い占めたり、タチの悪い嫌がらせまでしていたマロリーが、ハッサンの作る料理や彼の人柄に触れるうち、次第に変わっていく様子がとても潔くてステキです。途中、〝メゾン・ムンバイ”に放火した従業員をクビにするシーンなんかは、すごくカッコいいです。そして、偏屈な父親にもめげず、常に自分の意志をしっかり持っているハッサンの姿も、観ていて共感を覚えます。
     後半はやや蛇足感というか、退屈しがちなシーンも続きますが、心温まるヒューマンドラマです。料理好きな方も、是非ご覧になってみて下さい。

    違反報告
  • 泉
    3.0
    2014/11/6

    邦題は、まるでファンタジーのようですが、内容は違います。
    どの層をターゲットにしてのこの邦題なのか‥
    真剣に料理を追及している映画なので、軽い内容を想像して観に来ると私の後ろの席のおばさん方のように上映中に訳解らないわ。ってお喋りを始める事になってしまうかもしれません。

    マダム・マロリーは魅力的な女性です。
    結構いじわる。でも厳しくて、正しい。格好良い。

    パパもね。頑固で怖いもの知らず。でも可愛い。

    マルグリットの女として恋する気持ちと、料理人としてハッサンの才能に嫉妬する気持ち。
    そう言うのがリアル。
    大分マシになったんだろうけど、シェフの世界は女性に厳しい社会だったから、凄く凄く頑張って来たんだろうし。

    ちゃんと美味しい物を素材から作りたくなる映画です。

    難しくは無いですよ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告